MMO全般を扱うオンラインゲーム総合レビューサイトです。
無課金プレイヤーの視点に立ったレビュー項目がある所が特徴で、レビュー意外にもMMOに関連する物なら何でも扱います。

HOUNDS レビュー記事

HOUNDS    [MMO-RPS(RPG&TPS)/レビュー記事]

hounds 熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性 無評価
PTプレイ   ★★★★☆  対人戦 ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-RPS(RPG&TPS) 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・新ジャンル、ロールプレイングシューティング!
・力を入れてるタイトルらしくクオリティは相当高い。
・プレイヤースキル重視なアクション。
・映画的な臨場感が素晴らしい。
特徴(短所)
・低頻度ながら環境によってはキャラ作成不能な不具合が。
・中盤辺りから難易度が高く、攻略参照がほぼ必須
・それなりに高スペックなマシンを要求する。
・技術的な物も含めてプレイマナーの要求が高め。
総評
家庭用機並にクオリティが高い。ベースシステムが軍事系FPSの作品でここまで対モンスター戦に力を入れた物は滅多に無い。

操作技術の重要度が極めて高く、装備の性能で押し切れる類のアクションとは違う。腕に覚えのあるゲーマーが熱中する一方で「雑魚は来るンじゃねえ!」という閉鎖的な空気も漂っている。

夏休みなので新規も多く、なおかつ9月(2014年)には大幅な追加が予定されているので始めるにはちょうど良い時期と思う。

チュートリアルのプレイ風景。

詳細レビュー
TPSとRPGを融合させたという新ジャンル「HOUNDS」をレビュー。

臨場感がスゴイ!
動画を見ると解りやすいと思いますが、映画のワンシーンに没入したかの様な臨場感。ハードな雰囲気は抜群に良い。

動画はチュートリアルなので「色々盛ってるんじゃないの?」と思われそうですが、この後もムービーが少ない程度でこの質がずっと続く。ただし負荷も高くてPCからは熱風が吹き荒れる。
houndss0212.jpg

やり応えのあるアクション。
「ノーマル」と「チャレンジ」2種類の難易度があって、チャレンジに関してはクランの熟練者ですら全滅しかねないほど。見つけた敵を適当に殴ってればクリア出来るゲームとは根本的に違う。

これは「質の高いステージを難しく作って何度も遊んでもらおう」という思惑もあると思うが、良い具合に歴戦のゲーマーが本気で取り組める内容になっていてクリア出来たときの達成感がとても良い。

新ジャンル?
「ロールプレイングシューティング」と言われても具体的なイメージが沸かないですが、「ガチな軍事系FPSだけどきっちり世界観を作って対モンスター戦をやるぞ!」といったコンセプト。


現時点ではレベルや階級によるキャラ性能の差はほとんど無く、装備やそれに伴うスキルで個性を出していくタイプ。ただし9月の大規模アップデートでこの辺りにかなり大幅な追加があるらしい。

課金あれこれ。
廃プレイ可能なら無課金は非常にやり易い。普通にダンジョンで装備を揃えて行っても良いが、課金ユーザーが市場にGボックス(ガチャ)を流しているのでそれを入手すれば簡単にユニークを揃えられる。

アイテム欄はちょっとキツいが、自分は新規アカにクレカを登録するとポイントが貰えるキャンペーンを利用してそこだけ拡張した。

課金ユーザー的にはガチャレア以上がダンジョンで出ない所に少し問題を感じる。例えば「重課金で凄い装備を整えたぞ!」という場合、「アレッ、これもうダンジョン潜る意味なくね?」となりそう。

※2014/9/9 のUPでGボックスの取引は不可になった模様)

表示がおかしくなる現象について。
報告が少なく環境にもよるらしいが、メニュー等の表示がおかしくなる不具合が人によっては出る模様。これはチュートリアル後キャラメイクすら出来ずに詰む、というなかなか致命的な不具合。

自分の場合はエラーチェックではダメで、再インストールすると改善した。最初のインストールの時にDirectx11が入っていたので9、0Cをキャンセルしたが、これが原因だったのかも知れない。


トップページへ戻る

[HOUNDS/MMO-RPS(RPG&TPS)/レビュー記事]
[ 2014/08/11 19:24 ] FPS | TB(0) | CM(-)

戦国闘檄 レビュー記事

戦国闘檄    [MMO-合戦ストラテジー(RTS)/レビュー記事]

感染少女 熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性 無評価
PTプレイ   無評価    対人戦 ★★☆☆☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-戦国合戦系ストラテジー(RTS) 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・このタイプでは珍しいクライアント型のゲーム(非ブラウザ)。
・リアルタイムで部隊を動かして戦う、本格合戦ストラテジー。
・オフラインゲーム的に遊んでも十分楽しめる内容。
・ストーリーモードはナレーション付きで快適。
特徴(短所)
・インストール長い(バーが微動だにせずフリーズを疑う程)。
・苦手な人にはちょっと厳しい難易度(アプデにより大幅に緩和)
・スタミナの関係で特に序盤は少しずつしか進められない。
・対人戦はカード性能の差が出る為か今ひとつ盛り上がらない。
総評
良作の部類だと思う。以前はストーリーモードがやたら高難易度だったが、このレビュー記事を投下する数日前のアップデートにより自前のデッキが使用可能となった事で大幅に緩和された。

ストーリーモードはナレーションが入っていて、ちょっとした歴史モノをやってる感覚が良い。現状「濃姫の章」しかない為ボリュームに不足を感じるが、今後1月毎に続々と新たな章の追加が予定されている。順調に行けば半年後にはかなりの充実度が期待できる。

ストーリーモードが終わると対戦しまくってデッキを強化するぐらいしかやる事が無くなるが、オフラインゲームに近いので古さの影響を受けにくい。その辺りが長い目で見れば大きな利点だと思う。



詳細レビュー
今回はDMMの戦国合戦RTS「戦国闘檄」をレビュー。
最初はブラウザゲームだと勘違いしていたが、れっきとしたクライアント型。激安のwin8タブレット等で遊ぶ場合は残り容量に注意。

リアルタイムに行われる戦闘!
リアルタイムで動かす、RTSと呼ばれるシステム。

動画は「下が自陣」で「上が敵陣」となっており、敵の城を攻撃する事でゲージを削る。武将は撃破されてもゲージに影響は無いが、復帰に時間がかかるので戦況は不利になる、いかに頭数を減らすか、武将の持つ強力なスキルをどう生かすかが勝負の決め手となる。

ストーリーモード。
軽い歴史モノを見る様な感覚で遊べるストーリーモード。ナレーションが付いている所が個人的には非常にありがたい。

↑は「濃姫の章」の第一話。この章では「織田家に嫁入りする所」から「本能寺の変」までを全8話8ステージで構成される。

遊んでいて「あれっ、濃姫って史実ではどうなったんだっけ?」といった疑問が沸いて出て、思わず関連サイトを漁ってしまった。

今後、「織田の章」とか「武田の章」みたいなガチな物は勿論、「淀君の章」や「寧々の章」といった姫が主人公のストーリーも随時追加される予定らしい。個人的には「淀君の章」はやってみたい。

個性溢れる武将スキル
左は忍者ハットリく・・ではなく、武将の服部先生。例えば彼の場合なら、特技の「隠密(ステルス)」を生かして単独で潜入。敵城に到達したらスキル「分身」を使って倍速で殴る。敵が集まって来たら分身を囮にして逃走。といった忍者プレイが有効。更にここからどんな武将を組み合わせるか、と考えるのがデッキ構成の楽しい所。

課金あれこれ。
課金は対人戦をやるか否かで変わる。ストーリーやCOM戦なら無課金でも普通に勝てるが、対人だけは性能差で勝負が付きかねないので、その辺りの問題。ただまあ対人じゃないと貰えない報酬も無いので、これだけやれれば十分過ぎるでしょ、という感じでもある。



トップページへ戻る

[MMO-合戦ストラテジー(RTS)/レビュー記事]
[ 2014/07/12 03:14 ] シミュレーション | TB(0) | CM(-)

TERA The Exiled Realm of Arborea レビュー記事

TERA [3D系-MMORPG/レビュー記事]

TERA 熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性  ★★★☆☆
PTプレイ    ★★★★☆  対人戦  ★★★☆☆ ※評価基準に関して
ジャンル 3D系-MMORPG/アクション寄り 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・元は月額(月3000円)だった物が基本プレイ無料化。
・グラフィックが美しい(30GBの大半はグラフィック素材)
・超巨大かつ繋ぎ目の無いシームレスなワールドマップ。
・当たり判定で処理されるアクション性の高い戦闘。
特徴(短所)
・クライアントがでかいのでセットアップにかなり時間がかかる。
・「次世代のMMO」と謳う割に大幅な革新性は無い。
・グラフィックを売りの一つにしてるので要求スペック若干高め。
・インスタンスダンジョンはPT前提みたいなバランス。
総評
「開発費30億円をかけた超大作!」が売り文句。特にグラフィック周りが非常に豪華。声なんかもさりげなく若本氏が出演していたりして笑えました。システム的には「次世代のMMORPG」を謳う割にはスタンダードな内容で、戦闘をアクション化。それを生かす為にインスタンスダンジョンを導入。戦争やIDをメインに楽しませる、といったテンプレを丁寧にやった感じ。ギルド活動を前提にしている様な所があり、ソロメインで行く場合はチャットベースのPT集めが少し面倒臭い。

キャプチャソフトを起動すると「不正なソフトを起動するんじゃねえ!」と落とされるので、公式動画から公開設定の物を適当に拝借。

詳細レビュー
今回は基本プレイ無料化したので「TERA」をレビューします。このゲームは何よりまずクライアントのデカさにびっくりですね。30GBて・・。特にSSDユーザーは空き容量を確認してから入れましょう。

また、アンインストールは手動でフォルダを削除する必要があるのでその点も注意。特別な事をする必要は無いのですが、クライアントのDLにP2P方式を採用しているらしいので、その関係でしょうか。

基本プレイ無料化!
元々は月額課金(しかも高額な部類の月3000円)でしたが、基本プレイ無料(アイテム課金)に移行しました。まあアイテム課金になると「対人のバランスが崩壊!」みたいな懸念もありますが、個人的には月額から移行した物は無課金でもやり易いイメージがありますね。

美しいグラフィック&シームレスな巨大マップ

グラフィックの美しさもそうですが、マップのデカさがやばい。「馬で全部回ったら何日かかるんだ!?」と思う程に巨大なマップがシームレスに延々続いていて、ワープゾーン的な繋ぎ目がほとんどありません。最近こういう仕様の物も幾つか出てますが、他とは比較にならんほどに広大な一枚マップはTERAこだわりの一つだと思います。


アクション性の高いMMORPG!
FPS系の操作で当たり判定による処理。本格的なアクションゲームと比較すると動作そのものはスローですが、回避やガード、コンボや連携等MMORPGとして必要な所に的を絞ったアクション。動画サイトでステージ毎の攻略動画が沢山公開されている事からも判る通り、ジョブ毎の立ち回りや連携等、結構判断力を要求するタイプです。



序盤のクエ消化は単調さを感じる。
ほぼ全てのMMORPGに当てはまる事なのでTERAだけ言うのはフェアじゃないかも知れませんが、しょーもないクエストを延々処理させる仕組み(特に序盤)はいい加減面倒に感じます。このゲームの場合、中盤辺りまで(ガッツリやって4~5日?)はそんな感じ。まあそれ以降は戦争やインスタンスダンジョン等でだいぶ変わりますが。

元が月額タイトルという事もあるので、ゲーム全体のボリュームの関係でこの形に落ち着いてるのは判らなくも無いですが、この序盤の下積み感はオンラインゲーム慣れしてるユーザーであればあるほどマイナスに働く気がするんですよね。「またコレかよ!」みたいな。

トップページへ戻る

Published by NHN PlayArt Corp. Copyright c BlueholeStudio Inc. All right reserved.
[3D系-MMORPG/レビュー記事]
[ 2013/10/15 01:51 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

Boundra(バンドラ)

Boundra(バンドラ)2013/07/16   [3D-MMORPG/レビュー記事]

Boundra 熱中度
無課金プレイ  無評価    経済性  ★★★☆☆
PTプレイ    ★★★★☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル3D-MMORPG 課金形態 アイテム課金(記事投下時点ではモール未実装) <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・個々のコンテンツの方向性に纏まりがある。
・気軽に参加出来る50vs50の大規模対人!!
・基本放置狩りで夜だけ迷宮でレアハント!
・どこか園芸っぽい製作系も割と楽しめる。
特徴(短所)
・ターゲティングがメインのMMORPG的な戦闘。
・放置中のクライアントの負荷が地味に高い。
・ギルド参加前提みたいな所がある(やれなくはないけどね)。
・ミニゲームの類(神経衰弱とか)は正直いらんと思う。
総評
どちらかと言うとテンプレ的なMMORPGなので序盤「またコレかよ」みたいな気分になりましたが、続けてみると意外にも結構ハマってしまいました。クローズβはレベルキャップ40なので割と楽ですが、それでもカンストして別キャラ育てたくなったのは久しぶりです。「何が良かったの?」と聞かれると中々説明が難しいですが、これは全体としてうまく纏まってるんですよ。「カンストした。迷宮ドロップや製作で装備も揃えた。強化もした。じゃあ戦争でも行くか!」みたいな一連の要素が「平日は基本放置で夜ちょっとだけクエと迷宮!」な遊び方と矛盾してないのでうまくハマるんでしょうね。だから個々の要素で見ると秀逸って程でも無い割に、やってみると結構ハマるんだと思います。

MMOライクな戦争もこれはこれで結構味があります。始まったばかりで情報が少ない為、戦争のルール説明動画っぽくしてみました。

詳細レビュー
今回はクローズβ直後の3D系MMORPG「Boundra(バンドラ)」をレビューします。パンドラサーガじゃないよ、バンドラだよ!。

最大50人vs50人の大規模PvP!
単なる殺し合いではなく最近流行りの陣取り合戦みたいなルールを取り入れた戦争。エントリー制なのでぼっちでも気軽に参加出来るのが地味にうれしい。ヒーラーはいるけど「ポーション無し」と言うのも個人的にはポイント高い。ついでに参加すると戦争ポイントみたいなのが貰えて専用ショップで乗り物とか買えたり、個人的には戦争メインのゲームじゃないのに戦争動画作っちゃう程度には楽しい戦争です。

boundrapvp01 boundrapvp02 boundrapvp03
ただ、問題はモール実装後のバランスがどうなるかなんですよね。現状自動狩りとLvキャップ制のお陰でレベルによるキャラ性能の差はあまり出てませんが、課金の内容如何によっては札束で殴り合う経済戦争(笑)、みたいな惨状もありえる訳で、自分は課金有利を否定する気は全くありませんが、どの程度の按配になるかは気になる所です。

一日一回のインスタンスダンジョン(迷宮)。
迷宮は放置狩りとは違ってきちんと向き合ってプレイする必要がありますが、その分高効率でレアハント的楽しさがあるのが特徴。概ねLv10毎(?)に新しい迷宮が開放され、Lvキャップ40の現在4種程度。イージーとハードがあり、イージーなら一日2回。ハードは1回入場可能。要点を絞れば結構短時間で回せるので「平日は基本放置狩りで夜1~2時間だけ迷宮」みたいな人でも楽しく遊べる所が魅力です。難易度的にはは適正Lvならイージーでもソロは厳しい。後半のハードは「職構成まで考える必要あり」ぐらいのバランスでしょうか。
boundoraid01.jpg boundoraid02.jpg boundra0121.jpg

普段は放置で自動狩り!
基本的にピット(沸き場)で延々狩り続ける様な狩り・クエストはコレでおk。レアだけは迷宮と製作の領分なので期待出来ませんが、それ以外のレベル上げ、スキル上げ、金策等は大体コレで行けます。

それと、変則的な遊び方ですが序盤のどーでも良い様なサブクエストは気が向かなければ無視してある程度コレで進めてしまえる所にも魅力を感じました(メインって書いてるクエは放置したらイカンよ!)。

武侠とファンタジーが融合した様な世界観。
武侠モノって個人的にはちょっと微妙なんですが、最近のは良い具合に色々混ざっててそれっぽいけど野暮ったくはないとでも言いますか、メカと魔法が融合した様な世界を舞台に、戦闘ロボやらアルカパやらに乗って戦う「ファンタジー武侠!!」みたいな、色々突っ込んだせいで訳わかんなくなっちゃったけど、コレはコレでまあ良いか、みたいなジャンクな世界観。

「そもそも武侠って何なの?」と言う方の為に軽く触れておくと、定義うんぬんはともかく、雰囲気的には中国的ヒーロー観みたいなのが武侠。カンフー映画も武侠の一種。チャイナ服っぽい格好で上半身をぐりんぐりん回しながら剣を振るおねーちゃんもおそらくは武侠。


トップページへ戻る

© InterServ International Inc. All Rights Reserved. © Vector Inc. All Rights Reserved.
[3D-MMORPG/レビュー記事]
[ 2013/07/17 01:22 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

RaiderZ レビュー

RaiderZ                  [3Dアクション系-MMORPG/レビュー記事]

RaiderZ熱中度
無課金プレイ ★★★☆☆  経済性 無評価
PTプレイ    ★★★☆☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル 3D系アクション-MMORPG 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・全体的にクオリティ高め
・ターゲティング無しのモンハンライクな正統派アクション。
・グラフィックがなかなか美しい(演出・エフェクト等も良)
・グラフィックのレベルの割に要求スペックが低め。
特徴(短所)
・クライアントインストールに失敗する事がある。
・その他チャット関係やDC頻発等の不具合が散見される。
・対人戦で一部転倒ハメ殺し等、バランスの悪い所が
・横っ飛び等で回避した時「回避」と表示されるのが興ざめ。
総評
これはかなりお勧め。ゲーム開始直後のチュートリアルダンジョンの段階で「おお、これは!」と思う位アクション周りの出来が良かった。普通、アクションに力を入れてるタイトルはドラネスみたいなステージ制(実質ルーム制に近い)の方向に行く事が多いですが、RaiderZは基本システムがあくまでMMORPGなのでフィールドマップ上のクエスト等の通常戦闘でも普通にアクションな所が新鮮に感じました。それと今は時期的にも良い時期なので、そういう意味でもお勧めです。

こういう感じのクエ進行は家庭用機っぽくて良いですね。4:00辺りからボス戦。派手な戦闘が見たければこちらもどうぞ。

詳細レビュー
今回は3DアクションMMORPG「RaiderZ」をレビュー。少し前にクローズβが始まったばかりだと思っていましたが、既に正式サービスをやっていて驚きました。クローズ開始から約一ヶ月で正式サービス開始&新ジョブ追加となかなか順調な滑り出しです。ゲーム自体の質の高さに加えて時期も良いので現在かなり賑わっております。

それなりにハイレベルなグラフィック
この辺りは上には上があるので「最高レベル!」とまでは言えませんが、重過ぎず、かといってチープ過ぎずのバランスの良いグラだと思います。エフェクトや演出もなかなか効いていて、実際のディティールより綺麗に見えてる感じです。

モンハンライクな正統派アクション!
横っ跳びとかバックステップを駆使しつつ、でかいモンスターに大振りの攻撃を「ズドン!」。自分は両手持ちのハンマーをよく使ってるので余計にそう思うのかも知れませんが、ぶっちゃけかなりモンハンっぽい戦闘。まあファンタジーな世界観なので魔法みたいな要素やそれに伴う連携等の違いもありますが。ノンターゲティングでアクション姓の高い戦闘は一般的なMMORPGの戦闘とは一線を画していると思います。後はコマンド入力方式のスキルシステムを採用していてくれれば個人的には最高でしたが、流石にそれは難しいんでしょうかね・・。

細かい所の作りこみが面白い
モンスターの部位破壊(特定の部位を破壊すると一時的に拾って武器として使えるシステム)とか、高い所から落ちると足が「グギッ」となって、高さに応じたダメージ+怪我(継続ダメージ&鈍足」とか、プレイヤーキャラが声を発する時、実はちゃんとキャラの口がパクパク動いている等々、細かい所の作りこみがちょっと面白い。こういう部分は無くても一応問題ない要素ですが、重ねられると結構効果あります。


トップページへ戻る

© WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved. © NEOWIZ GAMES. All Rights Reserved. © MAIET entertainment, Inc. All Rights Reserved.
[3Dアクション系-MMORPG/レビュー記事]
[ 2013/05/07 16:49 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

CARTE(カルテ)

CARTE(カルテ)         [MMO-正統派トレーディングカードゲーム]

CARTE(カルテ)熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性 無評価
PTプレイ    ★★★☆☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-正統派トレーディングカードゲーム 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・他の追随をゆるさない硬派な本格トレーディグカードゲーム。
・レアが強いとは限らない、コンセプト重視のデッキ編集。
・無課金でも十分対人で勝てるデッキを構築可能。
・カードの絵柄が魅力的で種類もケタ違い(2000弱)。
・10ヶ国以上でサービスされているらしく国際色豊か。
特徴(短所)
・遠方の国の人と対戦するとラグ(?)でレスポンスが最悪。
・デッキ編集の自由度が高い反面カード特性の理解が必要。
・レイドモード(対NPCボスステージの協力戦)は難易度高め。
・この記事を投下した時点でサービス開始から一年ほど経過
・ガチで対戦を繰り返すゲームなので長時間やるとしんどい。
総評
本格的なトレーディングカードゲームという意味ではたぶんコレが最強。カードの種類も桁違いに多く、個々の性能も非常にシビア。「レアカード無双!」みたいな破綻した所が少なく、ディープにデッキ構築や駆け引きを味わえる極めて真っ当なカードゲームです。問題点としては良くも悪くもボードゲーム色が強いので、MMORPGみたいな長時間ガッツリ系のハマり方は出来ない所。まあRPG的な積み上げる系の要素を入れるとTCGとしての純度が下がるので難しい所ですが、クエストも弱いのでモチベーションが自分次第になる感があります。

ジャンル的に普通に一発撮りしても傍から見ると訳の判らん絵になりそうなので、今回は公式?の解説付き動画をチョイス。

詳細レビュー
Carte(カルテ)は一言で表現するとギャザリング等の本格的なトレーディングカードゲーム(以下TCG)をオンラインゲーム化した様な感じのゲームです。最近はカードを扱うオンラインゲームが大量にありますが、本気で「カードゲーム」をやろうとしている所は多分ここだけです。厳密にはトレード出来ないので「トレーディング」じゃないだろ!って気もしますが、まあそこは伝わり易さ重視って事でご容赦を。

圧倒的なカード量と手抜きの無しの絵柄
dhauto.jpg 左はCarteで使用されるカードの一例。「萌えキャラ?なにそれ美味しいの?」と言わんばかりのわかる方に判るアーティスティックで濃い雰囲気の絵柄が多く、勢十数名の海外クリエーターの作だとか。このクオリティーで2000種弱は他ではまずあり得ないと思います。

補助機能が充実!
こういうカードバトルは結構ルールが複雑で、実際のカードでやるとサクサク遊べる様になるまでにかなり慣れを要するものですが、Carteは補助機能が充実しているので全くの初心者でも普通にそこそこ戦えます。大抵の場合ルールの方を簡略化してしまうものですが、それをしないで敷居を下げた所が個人的にはポイントが高いです。

国際色溢れるプレイヤーたち
左はDEU/EN圏部門のランキング表。まあ全体ランキングだと日本人が多いですが、それでもかなり色々な国のプレイヤーと出くわします。基本会話が出来なくても成り立つゲームなので言語的な問題はありませんが、物理的な距離が遠い国だと勝負どころじゃないレベルのラグが発生するのが結構きつい。まあプレイヤー層が厚くなる事自体はありがたいんですが・・。


需要と供給から来るギャンブル的な要素は弱い
「トレーディングカードゲームは情報戦だ!」と言う話があります。新しいシリーズがリリースされるとその筋の人達はすぐに超強力な構成を見つけ出し、それがユーザー間に広まり、そのデッキを構成するカードが高騰してレア化。みるみる価値が跳ね上って行く、みたいなお話。

こういう投機的、ギャンブル的な要素もスパイスとしてカードパックを開ける時のワクワク感や、ゴミカードがレア化した時の嬉しさ等に繋がっていたりする訳で、その点お金をかけなくても強いデッキが組めてトレードも出来ないCarteはちょっと弱いと感じるかも知れません。まあオンラインでそれをやるとRMTとか課金がヤバくなるんでしょうけど。


トップページへ戻る

Copyright c 2013 Ncrew Entertainments CO., LTD. All Rights Reserved.
[MMO-正統派トレーディングカードゲーム]
[ 2013/03/08 09:28 ] シミュレーション | TB(0) | CM(-)

機動戦士ガンダムオンライン

機動戦士ガンダムオンライン  [MMO-FPS系/対人アクション]

ガンダムオンライン 熱中度
無課金プレイ  ★★★☆☆  経済性 無評価
PTプレイ    ★★★★☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-FPS系/対人アクション 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・一年戦争の世界で51対51の大規模RvR(国家戦)!!
・陣営毎にひとり指揮官枠があってRTS的に全軍の指揮!
・プレイヤー人口がとても多い(鯖毎に1万人とか)
・ノウハウの蓄積もあってかアクションの出来がよろしい。
特徴(短所)
・環境によってはクライアントが起動すらしない不具合が・・。
・連邦側のMS性能が高すぎる気が・・(※修正入りました)
・だぶついてる陣営は戦争の順番待ちが長い(千人超待ちとか)
・要求スペック若干高め(一昔前のミドルクラスGPU程度?)
総評
これが無料で遊べるとは。自分は年末から年始にかけてひたすらやってました。ガンダム好きならとりあえず遊んでおいて損なし。さほどガンダムに思い入れが無くても普通に大規模対人ゲーとして楽しめるクオリティだと思います。あと個人的にはこういう原作有りのゲームは新しいシステムを模索したりしないイメージを持ってましたが、そっちも良い意味で裏切られました。率直に言って良作だと思います。

公式PV。戦争の動画も一応撮ったのでよかったらどうぞ。

詳細レビュー
今回はバンダイナムコの対人ゲー「機動戦士ガンダムオンライン」をレビューします。ガンダム系のオンラインゲームと言えば個人的には「SDガンダムCFO」なんかを連想しますが、あれと比較すると格段に本格的な内容で、どちらかと言えばPS2の「機動戦士ガンダム 連邦VSジオン」とかをオンラインゲーム化した様な感触です。

特筆すべき点としてはやはり「指揮官システム」。ガンダムオンラインは1陣営に一人指揮官枠があって全軍(51人)をRTSみたいな画面で指揮するシステムを採っているのですが、これはマジで凄い!普通この手の対人ゲーはルール的な戦略性は高くても指揮系統が存在しない為、団体戦として見ると中々戦略的に動けないものですが、そういう意味で明らかに一歩進んだ新対人システムだと思います。

指揮の内容もチャットでどうこうでは無く、リアルタイムで指揮官専用画面のマップ上をドラッグして味方をまとめて選択。「ここを攻撃」とか「ここを死守」と言った具合に任務を与えるきちんとシステムに組み込まれた指揮。「ここにミノフスキー粒子を散布!」とか「ここに索敵レーダーを設置」みたいな感じで 味方を援護したり。その他やれる事がすごく多い。本物の人間を使ったある意味究極のRTSかも知れません。

アクションもロックオンすれば誘導で玉が当たる様な「なんちゃってアクション」では無く、FPSライクな操作できちんと相手の動く先を予測して狙って当てる本格派。家庭用機を含めてこの手のアクションゲームを沢山作っているだけにノウハウの蓄積を感じさせる内容です。

課金要素は大まかに分けると「機体の入手性」と「機体のカスタム効率」があり、機体の入手性は一部ですが有料ガチャでしか入手出来ない機体(今の所は極端に高性能とかは無い)がある点。一応ゲーム内通貨で回せるガチャ景品に「有料ガチャ券」があるので、戦争をこなしつつそっちで粘る線もありますが、基本的には「一部の有料ガチャ機体が欲しい場合は課金してね」って事なんだろうと思います。

カスタム効率は「機体性能の上限」と言い換えたほうがシックリ来るかも知れません。さすがに戦争ゲーなので同じ土俵で戦えなくなる程の極端な差は付きませんが、「ちょっと有利」ぐらいの差はあります。個人的にはFPS慣れしてる人なら問題に感じない程度だとは思いますが、まあ一年戦争と聞いてコーフンする層はもう普通にオッサンだと思うので、無課金にこだわる人はそう多くないかも知れませんね。

環境によってはクライアントが起動しない不具合については、ぶっちゃけ「コレ致命的だろ!」って話ですが。案の定自分もコレに遭遇してえらい苦労しました。というか何をやっても改善されず、最終的には別のPC(設定落とせば何とか遊べる)を用意してプレイする破目に・・。その関係でたぶん今回自前の動画はやらないと思います。

最後に、 プレミアムパッケージを買うとアイテムコード(限定機体が目玉)とガンダムオンライン専用ザクコントローラー(USB左手用デバイス的な物)が付いて来るらしいです。まあ特典目当てかお布施で買うならアリですが、5000円は正直ちょっとお高いですね。

追記 その後クライアントが起動しない不具合は自分の場合ファイアウォールが邪魔をしていた事が判明!自分は「PC Tools」というFWを使っているのですが、単に無効化するだけではダメで完全にプロセスを終了させれば起動出来ました。色々な要因で起こる不具合らしいので参考になるかは謎ですが、たいていアンチウイルス・FW・UAC辺りが原因らしい。何やってもダメで最後にビデオカードのドライバのバージョン下げたら動いた!みたいな話もあるのがアレですが・・。


トップページへ戻る

機動戦士ガンダムオンライン [MMO-FPS系/対人アクション]
[ 2013/01/07 01:59 ] FPS | TB(0) | CM(-)

ファイターズクラブ

ファイターズクラブ           [MMO-格闘・横スク系アクション]

ファイターズクラブ 熱中度
無課金プレイ  ★☆☆☆☆  経済性 ★★★☆☆
PTプレイ    ★★★☆☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-格闘・横スク系アクション 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・この系統の3Dとしてはアクション性がよろしい。
・本物の格闘家からモーキャプしたリアルなモーション。
・ステージ数が多く、全ステージに個性的なボスキャラが!
・職毎の戦闘スタイルが多彩なので色々育てたくなる。
特徴(短所)
・復活コインが足らん(上手い下手でだいぶ違うらしいですが)
・鞄がきつい(無課金は限界まで切り詰めてもギリギリアウト)
・ステージ数が多い分相対的にPTマッチングし難い気がする。
・高Lvの野良パーティーで死亡放置とかされると非常に辛い。
総評
アクションとしてそこそこクオリティは高いと思います。ただステージ数の多さとサクサク進む事の弊害でユーザーが分散しやすい為、開始から間もないにも関わらずちょっと過疎ってる感があります。これならステージ数減らす代わりに一つ一つのステージの質を上げて意図的に渋滞させた方が良い様な気がします。課金関連はある程度「課金して遊ぶ事が前提」みたいな所があるので無課金はちょっと厳しい。



詳細レビュー
今回はステージ制の格闘系アクション「ファイターズクラブ」をレビューします。内容的にはアーケードをオンライン化した様なタイプのゲームで、アラド戦記とかドラネスみたいな感じですね。

この系統のゲームはぶっちゃけるとアクションの面白さではどれも本家(?)のアラドを超えられていない(古いので今から新規で遊ぶのは色々厳しいけど)ですが、「超えられないながらも色々工夫してちゃんとした物を作って来たなー」みたいな印象を受けました。

特に3Dのアクションは変な具合に敵が散ったり、「キャラの向いてる方向が微妙に違ってスキル空振り!」みたいなストレスが多いですが、アクション性を損ねない程度に補正を入れたり、視点や移動範囲を制限したり、敵を集めるスキルや範囲スキル等をうまく取り入れて複合的に2D並の爽快感を叩き出している所が良かったです。

キャラクターデザインや演出なんかも結構凝っていて、全ステージに妙にキャラの立ったボスが配置してあったり、「誰とは言わないがアイツに似てるぞ!」と言いたくなる様なNPCが居たり。 モブNPCが妙に物語を感じさせるセリフを吐いてたりして中々面白い。たぶん国産って訳じゃ無いんでしょうが、これ作った人は多分日本のアニメとかゲーム・漫画に精通していて良い意味でうまく盗んでる感じがします。

気になった点としてはステージ数が多い事の弊害としてPTマッチングのし難さがあると思います。今はオープン直後なのでユーザーが多い時期ですが、それでもちょっと良い時間帯を外すとPTメンバーが中々集まらない事もあり、この辺りは少々ストレスを感じます。ある程度は定期的に新キャラ・ジョブを追加する事で対応する様ですが、「ステージ数が多い=個々のプレイヤーの進行状況が細分化される」なので、この問題は表面化し易い気がします。

課金関連はこの記事を書いてる時点でモールがオープンした翌日なので、把握し切れてない所もあるかと思いますが、数キャラLv30辺りまで育ててみた感触としてはやはり復活コインでしょうか。一日3個まで無料で補充されるシステムですが、普通にやってれば大抵不足する位のバランスでPTやる場合絶対に必要なので無課金は厳しい。

次にインベントリ。自分は必要最小限の物以外は全部バッサリお金に替える(素材系含む)ぐらいの事はやってますが、それでもかなりギリギリなので快適にやるならまず課金前提だと思います。


トップページへ戻る

blished by NHN Japan Corporation. Copyright (C) KOG Corporation. All rights reserved.
[MMO-格闘・横スク系アクション]
[ 2012/12/09 05:01 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

ディヴァイン・グリモワール

ディヴァイン・グリモワール      [MMO-ブラウザSLG]

ディヴァイン・グリモワール 熱中度
無課金プレイ  ★★☆☆☆  経済性 無評価
PTプレイ     ★★★★☆  対人戦  ★★★☆☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-ブラウザ系SLG 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・戦闘システムはかなり秀逸!!
・長時間ゲーム出来ない人でも楽しめる
・2人~4人で遊ぶ協力プレイが楽しい
特徴(短所)
・クエストやストーリーモード的な要素が弱い
・課金と無課金の格差は結構でかいと思う
・オート戦闘モードの思考ルーチンが酷い
総評
戦闘の面白さは結構高評価。新種のシミュレーションゲームを遊んでいる様な感覚でカードバトル系の要素との相性も抜群。ただしストーリーとかメインクエストみたいなゲームを続けて行く上でモチベーションになる要素が薄過ぎて続けていると何だかよく判らなくなって来るのが残念。正直メインで遊びたいゲームを探してるならこれは勧めませんが、戦闘システム自体は面白いのでちょっとつまんで飽きたらポイ程度なら悪くないかも知れません。ただし過疎ったらアウトです。

野良4人PTでダンジョンに挑んだ時の動画。
チュートリアル動画   ダンジョン動画その2

詳細レビュー
今回はブラウザ系SLG「ディヴァイン・グリモワール」をレビュー。ぶっちゃけて言ってしまうとスマホの百鬼大戦絵巻からシステムをパクって来てファンタジー風にオンライン化した様なゲームです。特徴としてはカードバトル要素が濃くなっていてユニットの特性なんかが細かく、遊んでいてどこか将棋的な雰囲気を感じます。

パクり等と言うと微妙に聞こえるかも知れませんが、パクリ元のゲームのシステムがかなり秀逸な上、まだあまり露出が多くないジャンルなので、特に戦闘の面白さに関しては他のカードバトル系のゲームより数段良い出来に仕上がってます。この点に関しては文句無し。

ただ、このゲームはメインクエストとかストーリーモード的な物が弱く、戦闘以外の面では遊んでいて何かが足りないと感じる事が多い。それとレアハントみたいな要素も足りてない気がします。後ひとつ何かがあれば飛躍的に面白くなりそうな感じなのでちょっと勿体無い。

課金関連は課金・無課金でかなり差があるので注意。デッキのランダム性とか相性・戦術的な要素もありますが、カードの質はやっぱり重要な訳で、良いカードを入手するには良いカードパックを開放する必要があり、それにはある程度課金が必要になります。まあ無課金でも割り切れば対人以外は楽しめますが、難易度が高めになるのでSLGが得意ではない人だと高レベルステージが厳しそうです。

対人戦に関しては元が比較的対人向きなシステムなので、特にチーム戦なんかはとても楽しい、ただしカード(持ちユニット)の質の差が強さに大きく影響し、その辺りに課金が直接的に絡んで来る事を考えると高評価は付けられないと言った感じでしょうか。

それと、クエストが弱い関係上、ギルドの重要性が相対的に上がっているのでソロは止めた方が良いと思います。ルーム制なのでPTのメンツ集め等は問題ありませんが、モチベ的にだいぶ違います。


トップページへ戻る

                                    [MMO-ブラウザ系SLG]
[ 2012/10/11 05:28 ] シミュレーション | TB(0) | CM(-)

エースオンライン

エースオンライン                [MMO-フライトシューティング]
エースオンライン
エースオンライン熱中度
無課金プレイ ★★☆☆☆  経済性 ★★★☆☆
PTプレイ   ★★★☆☆  対人戦 ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-フライトシューティング 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・かなり珍しい本格的なフライトシューティング系MMO
・勢力間の戦争をモチーフにした対人志向の強いシステム
・SF系の世界観で実際には有り得ない様なトリッキーな動き
・STGなので装備品(パーツ)の性能が体感的に味わえる
特徴(短所)
・ちょっと古いゲームなのでプレイヤーの平均レベルが高め
・ステージ制では無くフィールドに近いMAPでクエが少々単調
・本格的なフライトシム等と比較すると流石に挙動は今ひとつ。
・ウィンドウモードでマウス操作すると誤作動が多い
総評
フライトシューティングとMMORPGをミックスした様なゲーム。とにかく珍しいジャンルなので遊んでいて非常に新鮮です。リアリティ面ではオフライン系の本格的なフライトシムには流石に太刀打ち出来ませんが、SFな世界観なので実際には有り得ない様な兵器やトリッキーなスキル(飛行中に高速バック等)独自性があって個人的には良かったです。かなり対人志向なゲームなので好き嫌いがハッキリ分かれそうですが、対人好きな方には琴線に触れる物がありそう。※追記 残念ながら古いゲームなので現状はもはや完全に過疎ってます、だから今から始めるとたぶん色々な意味でキツいと思います。

かっこいい動画があったので今回はyoutubより拝借。実際のゲーム画面より動きが早いのでちょっと早回ししてるっぽい。自分も同じ回避IGを育ててますが、晩成型なのでまだ今ひとつな感じです。

詳細レビュー
今回はフライトシューティングMMO「エースオンライン」をレビューします。ちょっと古いゲームですし、厳密には最近始めたと言う訳でも無かったりしますが、個人的には結構好きなゲームの一つで久しぶりにやりたくなったので、どうせならついでに記事でも書こうかと・・。

基本システムはフライトシューティングをベースにレベルやスキル、製作等の既存のMMOライクな要素を追加した様な内容で、レベルで機体性能が上がったり、回復アイテムを使用すると即機体が回復したり、敵を倒すと何故かパーツをドロップする不思議なシステム。

MAPはステージ制では無くフィールドを共有するタイプで、交戦フィールドで敵勢力プレイヤーと遭遇した場合、即殺し合いが始まる素敵なシステム。まあ序盤中盤は中立地帯が選択可能なのでそっちを選んだ方が無難ですが、最終的には交戦フィールドで戦う事になります。

クエスト関連は「○○を何体倒して来い!」みたいなお使いタイプが多いので、特に安全地帯で戦える序盤は結構単調。まあ対人がメインなゲームですし、序盤のレベルの上がりはそれなりに早いので致命的と言う程でもありませんが、この辺りはフィールド制のデメリットかも。それとクエストMOBの居場所が判り辛い事がちょくちょくあります。

PTは盛んに組まれていると言った感じでもありませんが、難易度の高いクエストもあるので出来れば参加した方が楽だと思います。何気にボイスチャット機能なんかも準装備されているので、仲間と一緒に空軍ごっこを思う存分楽しむ事も・・・!?いや自分はやりませんよ!

課金関連は序盤中盤は無しでおk。それ以降はちょぼちょぼ課金(自分はココ)。がっつりやるなら重課金も有りって感じらしい。まあ成長の仕組みはRPGに近いレベル制のゲームなので、最後まで完全無課金で遊び通すのは流石にちょっと厳しいと個人的には思います。




トップページへ戻る
© YD Online Corporation All Rights Reserved. © Masangsoft Co.,Ltd. All Rights Reserved. © Arario Corporation All Rights Reserved.
                                    [MMO-フライトシューティング]
[ 2012/01/19 10:50 ] シューティング | TB(1) | CM(-)

ウィザードリィオンライン

ウィザードリィオンライン            [MMO-アクションRPG]
ウィザードリィオンライン 
C9 熱中度
無課金プレイ  ★★★☆☆      経済性  ★★★☆☆
PTプレイ      ★★★★☆    対人戦  ★★★☆☆    ※評価基準に関して
ジャンル [MMO-アクションRPG] 課金形態 [アイテム課金] <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・ネームバリューに負けないハイクオリティな作り込み!
・2キャラ目以降はメインキャラ級の装備がLv1から使用可能!
・Wizらしさを損なわず、かつ初心者でも入り易い絶妙のバランス
・操作性も非常に良好(WASDが基本・マウスクリックの移動なし!)
・ダンジョンを探索・攻略する事そのものが楽しい!!
特徴(短所)
・要求スペックが若干高め(グラの割には軽い蔵ですが)
・本家Wizほどの難易度は無い(一般ユーザー向けの難易度)
・比較的PT志向なゲームなので最終的にはソロオンリーは厳しい
・PK可能なので突然襲われる事もある(今の所やられた経験無し)
・デスペナが厳しめ(遺品ロストから最悪の場合キャラ消滅まで有)
総評
おすすめ!!ここ最近のMMOの中でも頭2つぐらい突出してます。元々ウィザードリィはダンジョンその物を楽しませる事に特化した様なゲームなのですが、そういうWIZ由来の謎解きやシビアなバランスがオンライン特有のPTプレイやコミュニケーションと非常にマッチしていて、単に狩場としての意味以上の「本物のダンジョン」が味わえます。

モンハンが「ハント特化」ならウィザードリィオンラインは「ダンジョン探索特化」みたいなイメージでしょうか。一見よくあるMMOに見えますが、続けてみると全然違うオリジナリティの高いゲームなので最近のMMOのマンネリ感にウンザリしているユーザーでもかなり新鮮な感動が味わえると思います。あと一応シリーズ物ですが、前作を知っている必要は皆無なのでそういう意味での敬遠は必要ありません。

チュートリアルダンジョンの動画です(youtubeより拝借)。その後も何度か動画撮影を試みているですが、キャプチャソフトを起動すると確実にクライアントが強制終了を食らうので撮影は断念。(無念!)

詳細レビュー
今回はウィザードリィのMMO版「ウィザードリィオンライン」をレビューします。ウィザードリィと言えば任天堂がファミコンを発表するより以前から存在していたRPG最古参の一角。30年経過して尚根強い人気があり、新作やクローンが出続けているにも関わらず基本的なゲーム性に大きな変化の無い、怪物のような完成度を持ったタイトルです。

こういうオフゲーの名作をオンライン化した例だとイースとかモンスターファーム・女神転生等ちょっと不吉なイメージが頭に浮かびますが、本来かけ離れたシステムにも関わらず、きちんとWizらしい所を残しつつMMOとしても新しい物に仕上がっている点は評価に値すると思います。タイトルと味付けを少し変えただけの大量生産系のMMOと根本的に違う、きわめてオリジナリティの高い作品です。

グラフィックは上の中ぐらいの水準なのでかなり美しい部類かな。操作はFPS寄りのWASDが基本でマウスクリックによる移動はありません。戦闘もいわゆるクリックゲーでは無く、タイミング良く盾でブロックしたりステップで回避しながら戦うアクション性の高い内容。通常攻撃やスキル類も当たり判定で処理される本格的なタイプです。

システム面に関してはかなり色々あるのですが、一番凄いと思ったのはアカウント単位でゲームを進めるソウルシステム。これはキャラLvとは別にアカウント自体にレベルがあり、アイテムの装備条件等はアカウント側のレベルが適応されると言ったシステム。これのお陰で2キャラ目以降はレベル1からいきなり強烈な装備を使用可能。倉庫内のアイテムやクエスト状況、犯罪歴等も全キャラで共有される仕様なので、メインキャラでクエを達成してサブで報告したりする事も可能です。この辺りは本家Wizを踏襲しつつもMMOとしては全く新しいシステムに昇華されていて個人的には妙に納得させられました。

賛否両論有りそうなのはPKやデスペナ、遺品など最近のゲームでは排除されている様なキビシイ所をあえて実装している点。死亡時も自動的にワープされる訳では無く、幽霊状態で復活場所まで行かなければならなかったり、蘇生も最悪の場合キャラロストまであり。この辺りはウィザードリィを名乗る以上譲れない一線だったのだろうと思いますが、「かなり思い切ったなー」と言うのが率直な感想です。ただ、このゲームの場合は仮にメインキャラをロストしたとしても、それなりの装備品さえ倉庫にストックして置けば致命的なダメージでも無いので、一般的なMMOのキャラロストとは意味合いが違って来ますが。

最近のゲームは極端にヌルゲー化してしまっていて「ゲームをしているのに退屈」と言う訳の分からん状態になる事もあるので、こういうピリッとした仕様は緊張感があって好きです。惜しむらくは課金等でロストに大幅な救済措置がある所がちょっと中途半端かなと思います。特にキャラロストは無課金でも気を付ければ確実に回避出来ますし、遺品も毎日スタンプを溜めればある程度保護可能だったり。個人的には0.1%でも良いので不可避なロストの可能性を残して欲しかった。

課金単価は全体的にちょい高め。まあクオリティの高いゲームは開発費も相応にかかるので、多少高くなるのはやむを得ない気もします。ラインナップ的にはインベントリや倉庫、アバター(防具としての効果は無くファッション的な物)みたいな品が中心で、ガチャ等の内容が不透明かつ廃課金になりそうな要素が少ない点は好印象。ある意味月額課金制に近い内容に感じました。無課金プレイは課金単価の高さから一見厳しそうですが、意外な事にかなり普通にやれる部類で気になったのは倉庫枠ぐらい。個人的にはゲームポットは課金ラインナップに関しては結構良心的な運営だと思ってます。

対人戦はいわゆるPKとして犯罪者ギルドを作ったり加入したりして犯罪者の街(ガードが居ない)を拠点とする様なタイプなので中々判断が難しい。システム的に犯罪者の存在を大幅に認めていて、犯罪者をやるならアカウント内全キャラで完全に犯罪者として活動しなさいと言ったスタンス。そういうのが好きならば楽しめると思いますが、今までの経験上こういうシステムはあまり日本では受け入れられない傾向にある様な気がします。まあ個人的にはPK対PKKの集団戦とかは燃える展開なので、盛り上がって来れば楽しそうですが。

PTプレイに関しては中盤辺りからほぼ必須。連携は個々の役割をきちんと果たさないとあっと言う間に全滅する事もありますが、状況によって試行錯誤する余地が多分にあるので何とも言えない手応えがあります。戦闘以外でもダンジョンを攻略する過程で仲間とあれこれ悩みながら進んで行く感覚は他では味わえない独特の魅力だと思います。PT募集のシステムに関しては比較的充実している部類ですが、それでもゲームの仕組み上どうしても個々の進行状況の違いでストレスを感じる面があり、中盤以降は野良PTよりギルドに入って遊んだ方が楽しめそうだと感じました。それとダンジョン攻略中は非常にPTから抜けにくいので、短時間プレイヤーには厳しいかも知れません。


トップページへ戻る
                                      [MMO-アクションRPG]
(c)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registered trademark of IPM Ink. All rights reserved. Licensed by IPM Inc. to Gamepot Ink, Wizardry Renaissance™ (c)2009 IPM Inc. All rights reserved.
[ 2011/10/20 08:48 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

C9(Continent of the Ninth)

C9[Continent of the Ninth][MMO-アクションRPG]
Finding Neverland Online
C9 熱中度
無課金プレイ  ★★☆☆☆      経済性  ★★★★☆
PTプレイ      ★★★☆☆    対人戦  ★★★☆☆    ※評価基準に関して
ジャンル [MMO-アクションRPG] 課金形態 [アイテム課金] <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・非常に美しい3Dグラフィック(見た目の割には動作も軽量)
・きちんと当たり判定で処理される本物のアクションRPG
・職やスタイルによって全然違う操作性が味わえる
・意外にもストーリーがかなり面白い(これは本当に意外でした)
・操作していて楽しい(キャラの動きやスキル使用感等)
特徴(短所)
・クライアントが不安定で時々異常終了やフリーズがある
・スタミナ(疲労度)により長時間ぶっ続けプレイとかは不可
・無課金でずっと行くのは厳しそう(特にアイテム欄)
・結構ハイレベルな部類の3Dだけにネットブック等はNG
・操作がそこそこ複雑(コマンド入力式のスキルも多い)
総評
いや面白い。韓国ゲーム大賞5冠とやらの実力は伊達では無かった。3DでFPSライクな操作感のステージ制アクションRPGと言う事でドラゴンネストに非常によく似たゲームですが、自分はこっちの方が断然好きです。ハイレベルなグラと確かなアクション性。やたらドラマチックなストーリー展開。細かい不満点はありますが、今3DアクションRPGをやるならとりあえずコレとお勧め出来る内容だと思います。やはり単純に操作していて楽しいアクションゲームは良いですね。

派手なスキルをガンガン使うと当たり判定の具合等が伝わり難いと思ったので2次職に就く前のほとんどスキルを取ってなかった時期の動画。まあ実際はこのレベルでも色々有るのですが、転職時のSPバックが不明だったので最低限しか取ってない状態です。
二次職&スキル有りの動画が良い方はこちらをどうぞ。


詳細レビュー
今回は3D系アクションRPG「C9(Continent of the Ninth)」をレビュー。最近勢いのあるアクションRPGで大作。しかもオープンβ開始直後と言う事もあり、プレイヤー数はかなり多い印象。基本的なシステムは同ジャンルのドラゴンネストと共通点が多いので、体験済みの方はそちらをイメージして貰えると判り易いと思います。

まず目を引くのはやはりグラフィック。韓国ゲーム大賞5冠と言う事は少なくとも5年以上前のゲームと言う事になりますが、国内で遊べるオンラインゲームの中でもかなり美しい部類だと感じました。

次は肝心のアクション性。まあこの辺りは中々文章では説明し切れない所なので動画を見るなり実際にプレイするなりした方が早そうですが、ターゲティングしたら自動追尾で必中みたいなインチキ臭い所の無いしっかりとしたアクションだと思います。特に回避する楽しさを味わえる所が個人的には好感触。ボス戦なんかは何処と無くモンハンの影響を感じさせる物があります。コマンド式のスキルも多いので慣れが必要な所はありますが、かなり良い線を行っていると思います。

続いてストーリー性。正直これにはあまり期待していなかったのですが、良い意味で予想を裏切られました。ネタバレしてもアレなので内容その物には触れませんが、ステージやクエストと程よく絡んでいて演出面も中々の物。この辺りは若干アラドに近い気もします。

経済性は一度装備したアイテムは取引に制限が付いたりしますが、アクション部分がしっかりしている為レア装備の性能も実感し易く、レアハント向きなゲームでもある為中々良いと思います。現状アイテム欄がキツイので本格的にはやってませんが製作系もそれなりに充実してる模様。ギルドハウスに置く家具なんかも作れます。

無課金プレイに関してはまだ何とも言えませんが、現状でもアイテム欄が結構キツイ(やれなくも無いですが快適では無い状態)ですし、後半の高難易度ダンジョンにPTで潜ったりする事を考えると完全無課金は厳しいと思います。特に死に易い職なんかは・・・。

対人戦に関してはまず対人特化タイトルでは無いので過度な期待は禁物ですが、アクション部はしっかりしているので遊んでいて楽しくはあります。タイプ的にはアラドとかドラネスの対人に近い格ゲーの様な感触でレベル差も職の差も腕の差もがっつり出るタイプ。悪く言えば大味ですが、やりこめばコレはコレで中々楽しめると思います。

最後に気になった所。一番気になったのはやはりクライアントの異常終了やフリーズ。後はC9に限った話では無いですがスキルのクールタイム。前々から思っていたのですがこの手のアクションRPGはアクション性が高くなる程既存のクールタイムはマッチしなくなると思います。出来ればFEZのPowみたいなシステムが理想的ですね。後はキャラの移動速度が微妙に速くて少々違和感がある所かな。


トップページへ戻る
                                     [MMO-アクションRPG]
(c) WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to (c) GameOn Co., Ltd.
[ 2011/07/24 12:45 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

ブレイブソングオンライン

ブレイブソングオンライン              [MMO-RPG]
Finding Neverland Online
FNO 熱中度
無課金プレイ  ★★★☆☆      経済性  ★★★☆☆
PTプレイ      ★★☆☆☆    対人戦 無評価    ※評価基準に関して
ジャンル [MMO-RPG] 課金形態 [アイテム課金] <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・最近の新作では珍しい2DグラフィックのMMORPG
・モンスター等を仲間にして育成可能(数百種レアとかも有)
・自分の庭をカスタマイズしたり作物を育てたり出来る
・毎日定期的にイベント(ミニゲーム的な物)が行われる
・スキルや回復等を詳細に設定可能なBOT機能(ねじ巻きシステム)
特徴(短所)
・グラフィックが洗練されていない(ごちゃごちゃした感じ)
・後付けの高品質な絵と後付け出来なかった部分のギャップが酷い
・序盤マップが覚え難い(中途半端にオートランがあるので余計に)
・色々な意味で古さを感じさせる様な部分がちらほらと目立つ
総評
とりあえずグラフィック面には期待しない事。元の絵の部分と後付けしたマシな絵が混在していて非常にちぐはぐな印象。ゲームそのものは小粒ながらも目新しいシステムもありそれなりに遊べる。特にモンスター等のNPCを好きに部隊に組み込んで育成出来るシステムが結構好みです。ネクソンのテイルズウィーバーを意識して作ってる様で基本部分(ストーリーとか演出面)が結構似てる気がします。

動画はyoutubeより拝借した物。録画作業は結構神経を使うので誰かが動画をUPしててくれてると楽で良いです。

詳細レビュー
今回は最近の新作ではかなり珍しい2DグラフィックのMMORPG「ブレイブソングオンライン」をレビューします。あまり自分は詳しく無いですが有名イラストレイターや声優を起用しているらしいです。

とりあえずプレイして見て一番最初に気になった所はグラフィックのアンバランスさ。元々のグラがイマイチなので新作として日本でオープンする際に後付けで有名イラストレイターの絵を追加したんだと思いますが、追加出来なかった部分とのギャップがかなり気になる。

後付けされていない部分の絵に関してはショボい訳でも無いですが、何と言うか洗練されていなくてごちゃごちゃした感じ。自分は「ショボイけど味のあるグラフィック」みたいなのは割と好きですが、このゲームのグラフィックはいまいち好きになれませんでした。

システム面に関しては色々あって充実している部類でしょうか。個々のキャラクターにそれぞれ凝ったストーリーがある所なんかはテイルズウィーバーっぽい印象を受けました。庭機能は最近目新しくも無いですがそれなりにやれる事は多い感じ。BOT機能は結構うれしい。

イベント(ミニゲーム)に関してはあまり質は高くない印象を受けました。インスタントダンジョンは普通に面白い。あとモンスター等NPCを仲間にして自分の部隊に組み込める所は中々好みでした。育成的な要素もあってハマる人はかなりハマれそうな感触です。

無課金プレイに関しては何とも言えない・・。現状何とかなっていますが、まだ後半まで到達していないので参考程度にして下さい。PT関連はNPCを部隊に組み込んで戦う関係上どちらかと言うとソロ志向なゲームだと思います。でも組んだら数人でもかなり賑やかに・・・。

対人戦に関してはまだよく分からない事が多いので無評価。PK可で他人の庭園を襲撃する事も出来るらしいので結構対人志向かも。


トップページへ戻る
Copyright © 2011 Chinesegamer International Corp. All Rights Reserved. Copyright © 2011 Q Entertainment Inc. All Rights Reserved.
                                          [MMO-RPG]
[ 2011/07/17 09:09 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

Finding Neverland Online

Finding Neverland Online       [MMO-RPG]
Finding Neverland Online
FNO 熱中度
無課金プレイ ★★★★☆      経済性 ★★★★☆
PTプレイ   ★★★☆☆    対人戦 無評価    ※評価基準に関して
ジャンル [MMO-RPG] 課金形態 [アイテム課金] <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・ジョブシステムの自由度の高さが素晴らしい
・ジョブ毎に役割がハッキリしていて連携の楽しさがある
・いつでも転職可能なのでダンジョンの野良PT編成が容易
・ギルド単位で街を作るシステムも中々斬新
・洗練されたかわいい系の3Dグラフィック
・良い意味でクセのあるスキルが多く操作していて楽しい
特徴(短所)
・中盤以降BOTが出没していてうざい(一応対策はされてるが・・・)
・ダンジョン等ソロは無理(楽しむにはギルド加入も推奨)
・要求スペックはそれなり(ネットブック等では厳しい程度)
・時々ちょっと説明不足な所がある
総評
面白い。最近スタンダードなMMORPGはちょっと食傷気味でしたが久々に結構ハマりました。全体的によく作り込まれていて細かいヤリコミ要素やキャラの動きひとつ取って見ても作りが丁寧。システムはあんまり似てないですが何処と無くマビノギっぽい。それだけに中盤以降に出没しているBOTを早急に何とかして欲しいと切実に思います。比較的カンストが容易な点も個人的には好印象です。

今回はCβ最終日アルネ祭りの動画を拝借。う~む派手だ。

詳細レビュー
サービス開始当初は何となくスルーしてましたが、意外にもかなり評判が良かったので遅ればせながらプレイして来ました。

まず特徴的なのはやはりジョブシステム。ベースレベルとジョブレベルが別々に設けられており、どの職でも好きな様に育てる事が可能。似た様なシステムの物も幾つかありますが、ポイント等の縛りが一切無いと言うのはかなり珍しい。こういうシステムは結構好みです。

次にギルド単位で街を作る「街システム」。ギルドメンバーで自分たちの街をグレードアップして行くと言うのはギルドの目的付けとして中々新しい。小手先のインチキ新システムでは無い所も良かったです。

PTプレイに関しては主にダンジョンやボス戦がメイン。ダンジョンでは3人一組が基本。壁・火力・補助でジョブを調整して連携するタイプ。複数のジョブを育てる関係上ある程度構成に融通が利きますが、ダンジョンの募集はエリアチャットが基本なのでちょっと面倒です。

対人戦に関しては一応参加条件のLv30は満たしているのですが、今の所まだ未経験なので無評価。結構トリッキーなスキルが多いのでMMORPGの対人戦としては期待出来そうな気もします。

課金要素・無課金プレイに関してはガチャや強化関連品が課金ラインナップにあるのが少し気になりますが、ドロップ入手やトレードが可能なので現状では細々と制限はあるものの比較的何とかなる部類だと思います。BTOが出没しているのでインフレが怖いですが。

BOTに関しては現時点では一般プレイヤーっぽい者から業者臭い者までよく見かけます。一応結BOT対策の数字入力フォームが頻繁に出て来たり公式サイトに通報窓口を設けたりして対策はされている様ですが、残念ながら撲滅には至っていない様ですね・・・。


トップページへ戻る
(c)2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved.
(c)2011 Vector Inc. All Rights Reserved.

                                          [MMO-RPG]
[ 2011/06/17 06:58 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

KAROS ONLINE

KAROS ONLINE(カロスオンライン) [MMO-RPG]
KAROS ONLINEtop
KAROSONLINE 熱中度
無課金プレイ 無評価      経済性 ★★★☆☆
PTプレイ   ★★★★☆  対人戦 ★★★★☆    ※評価基準に関して
ジャンル [MMO-RPG] 課金形態 [アイテム課金] <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・最近のタイトルの中でも特にハイレベルな3Dグラフィック
・全体的に作りが丁寧でで正統派っぽい雰囲気
・背景とマッチしたモンスター配置(PIT感が少ない)
・対人戦コンテンツが充実(ギルド単位で戦う物が多い)
・生産系も中々充実(狩りや採掘等をしてNPCで生産)
・AWSDの操作性が良い(特に対人では重要そう)
特徴(短所)
・グラフィックが良いだけに要求スペックがそれなりに高い
・ゲームの方向性的にギルド参加しないと楽しめない
・委託販売の検索性がかなり微妙(これは何とかするべき)
・頻度は多くないですがクエストMOBの奪い合いがうざい
・野良PKが可能なので突然襲われる事もあり
総評
公式のキャッチコピー通りまさに正統派で王道的なMMORPG。ハイレベルな3Dグラフィックと豊富な対人コンテンツを武器に小細工なしの姿勢が個人的には好感を持てます。目新しい要素はほとんどありませんが、その分全体的に作りが丁寧で安心して遊べる感じです。今の所課金要素が未実装なので何とも言えませんが、直接的に強さに絡んでさえ来なければ結構オススメ出来る内容だと思います。

高めの設定で撮ったのでちょっとカクカクしてますね・・・。

詳細レビュー
今回は3D系MMORPG「KAROS ONLINE」をレビューします。公式サイトへ行くと「王道」とか「正統派」みたいなキャッチコピーが目に付きますが、カロスオンラインの場合はまさにそんな感じ。小細工無しでハイレベルなグラとギル戦で勝負する王道的MMORPGです。

操作関連はクリックで移動や攻撃をする一般的なタイプとAWSDで移動するFPS的な物があり、後者の操作感が中々良好。動画でもそちらを使用しているのでちょっとカクカクしてますが確認してみて下さい。

製作系は一次生産(採掘や狩り・釣り等)で材料を集めてNPCに作ってもらうタイプ。充実度はかなりの物ですが、放置で入手可能な物に関しては複数台でやっているプレイヤーが有利っぽい気もします。

対人コンテンツは以下の4種類。
・攻城戦(一定のルールでギルド同士が戦う)
・鉱山占領戦(ギルド同士で鉱山の所有権を奪い合う)
・アリーナ(ペナルティなし。個人ベースで戦う)
・野良PK(ペナルティあり。個人ベースで戦う)

やはり対人コンテンツはギルドによるチーム戦が中心なのでギルド加入はしておいた方が良さそう。野良PKに関してはごく稀に遭遇する程度。システム面はそれなりに対人を意識した作りになってます。

課金要素は現在モールが未実装なので無評価とします。今の所は騎乗ペットも普通に入手可能ですし、アイテム欄が少々窮屈な所を除けば特に不満は感じませんが、対人要素が豊富なタイトルだけに直接的に強さに影響する様な課金アイテムが出ない事を祈ってます。


トップページへ戻る
Copyright(c) OG Entertainment Co., Ltd. All rights reserved.
2011(c)Copyright GalaxyGate Corporation All Rights Reserved.

                                          [MMO-RPG]
[ 2011/04/25 18:12 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

エルソード(Elsword)

エルソード(ELSWORD)
エルソード(ELSWORD)
熱中度        ★★★★☆
無課金プレイ ★★☆☆☆  経済性 ★★★☆☆
PTプレイ   ★★★☆☆ 対人戦 ★★★☆☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMOアクションRPG(3D横スクロール系) 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・3Dで完全横スクロールな所が思い切った仕様で良かった
・絵、音、演出等がハイレベルで王道的な完成度の高さ
・簡単操作でやり込めばしっかりとアクション感のある戦闘
・カンストが比較的容易(不定期にレベルキャップの引き上げ有)
・要領よくクエストを消化して行けばサクサク進む
特徴(短所)
・一部アイテムに取引制限(課金解除)がある
・転職時に再振りが無いのでキャラメイクは計画的に
・序盤のステージ難易度ががちょっとヌルかった
・スキルショートカットが少ない(課金拡張あり)
・アイテム取得時のタムラグが地味に気になる
総評
最近このタイプのゲームが急増して来てますが、エルソードはその中でも頭一つ抜けていると感じました。特にグラフィックやサウンド、エフェクト等が秀逸で万人にお勧め出来る完成度の高さがあります。3Dゲームながら意外と低スペックでも動作する所も魅力で我が家のネットブックでも結構軽快に動作しました。課金要素は一応無課金でもやれなくは無いですが、後半は多少課金して遊んだ方が無難です。

適正ダンジョンでの狩り風景です。ソロだとBandicamの制限10分を超えてしまうので今回は野良PTに参加して撮影しました。

詳細レビュー
今回はMMOアクションRPG「エルソード」をレビューします。このタイプのゲームは最近急増して来ていてブラウザゲームと共にオンラインゲームの主流になりつつあると個人的には感じています。

まずこのゲームの特徴としては演出面の秀逸さと並んで「完全横スクロール」になっている点が挙げられます。3Dゲームを作った場合中々ここまでは割り切れず、視点移動なんかを駆使する一般的な3Dゲームにしてしまいがちですが、やはり横スクロールはアクションゲームと非常に相性が良いと改めて実感させられました。ゲーム性云々を抜きにしても単純に遊んでいて疲れにくいです。

次に肝となるアクション要素。初心者でも体感的に操作出来る簡単な操作性を維持しつつ、やり込めばかなり色々な動きが可能で初心者・上級者共に楽しめる造りになっている所が良かったです。敵を殴った時の感触や大技を使った時のカットインなんかも心地良いです。

PTプレイは結構ソロやペア程度でやれてしまうゲームなので正直あまり盛んな印象もありません。まあ良い時間帯なら相手を探すのに困る程でも無いですし、PTプレイ自体は楽しいので積極的に組んだ方が楽しめるとは思います。この辺りはもう少し難易度を上げてPTを組む必然性を高めれば更に良くなりそうな気がします。まあ過疎って来ると逆に構造的欠陥に繋がるので一長一短ではありますが・・・。

お次は経済性。まあこの辺りは露店もオークションもありますし、高難易度ダンジョンも当然あるので無難によく出来ている感じです。一部アイテムに課金解除の取引制限が付いているのは少々頂けないですが、最近ではよくある事なので仕方が無いのかも知れません。

無課金プレイはアバターや初期化系は無くても何とかなりそうですが、スキルスロット拡張や復活にも絡んで来るので完全に無課金では厳しい気がします。まあやれなくは無いんですが、楽しめるかと言うと微妙なラインとでも言いますか。対人にも影響がありますし…。

対人戦は職バランスに少々問題もありますがまあ概ね良好です。対人に特化したゲームと比較すれば流石に少々落ちる感じは否めませんがこれはこれで中々楽しい。最近こういう気楽にやれるPvPもスマブラみたいな感触で良いかも知れないと思う様になって来ました。


トップページへ戻る
Published by NHN Japan Corp. Copyright © KOG Corporation. All rights reserved.
[ 2010/12/22 11:57 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

81 keys

81Keys                                     [MMO-RPG]
81keys.jpg
81Keys
PTプレイ   ★★★☆☆ 経済性  ★★☆☆☆
無課金プレイ ★★★☆☆ 対人戦  ★★★☆☆
ジャンル   MMORPG
課金形態   基本無料 アイテム課金
<オフィシャルページ>

特徴(長所)
・鍵関連のシステムが色々と新鮮で目新しい
・システム部分の工夫が良く狩りのモチベーションが上がる
・一応無課金でも課金アイテムを買える仕組みがある
・序盤~中盤は普通にクエを追っていけばサクサク行ける
特徴(短所)
・基本部分はよくあるタイプのMMORPG
・グラフィックは最近の3D系MMOの中では並程度
・アクション要素はかなり薄く戦闘そのものは少々単調
・どちらかと言えばソロ志向(特に序盤~中盤)。
総評
基本的には既存のごく一般的なMMORPGに近いゲームですが、システム面が秀逸で、こういうプレーンな物には食傷気味な自分でも結構楽しめました。評判も割と良いですし、この手の戦闘にアクション性を用いないジャンルの中では中々優秀な部類に入ると思います。ただし複数タイトル経験者は序盤既視感を覚える事になりそうですが。自分は敬遠しましたが無課金者でも課金通貨を入手出来る制度あり。

まだ動画を取り扱う前の記事なので元々の撮り置きが無く、撮り直すのも面倒だったので今回はyoutubeより拝借。

詳細レビュー
今回は、最近のタイトルの中でもなかなか評判の良い基本無料MMORPG「81 keys」をレビューします。こういうアクション性の薄いノーマルな物は一時期爆発的に乱立して以降最近では徐々に下火になりつつある様に感じますが、意外にもコレは中々評判が良くて最初はスルーするつもりでしたが急遽遊んでみる事にしました。

基本的なシステムはごくありふれたタイプのMMORPGですが、「81 keys」と言う題名通り「鍵」をキーワードとしたシステム群が大きな特徴となっていて、全てのモンスターが「鍵」を持っており、それを集める事が主目的の一つとなります。まあ実際はもっと複雑で色々な要素があるのですが説明的&長文になってしまうのでそこはご容赦を。

まあそういったシステムがうまく作用していて「今日はこのモンスターの鍵を集めよう」みたいな感じでモチベーションを自然に保てる所が非常によく出来ていると感じます。これは言うなれば「クエスト」の一種ですが、一般的な「クエスト」とは感覚的な部分で大きく違っていて、実感として「自分でやっている」という感じがする所が大きく違います。

課金要素に関しては特筆すべき点として無課金でも課金アイテムを購入出来る仕組みがあります。これは携帯サイトにアクセスしてメルマガを購読したりその他条件をクリアする事で課金通貨を貰えるサービスで、無課金プレイヤーにはありがたい(?)制度かも知れません。個人的にはこういうのはダイレクトメールが来たり個人情報の取り扱いが心配だったりで敬遠してますが・・・。

対人戦に関しては大人数戦があったりして比較的力を入れている感じですが、まあ対人特化ゲーでは無いので過度な期待は禁物です。PTプレイに関してはどちらかと言うとソロの頻度が高い様に思います。まあこの辺りは後半になるとまた違って来るかも知れませんが。


トップページへ戻る
(C) 2010 81Keys by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved. (C) 2009~2010 WAYI INTERNATIONAL DIGITAL ENTERTAINMENT CO.,LTD. Reserved.
                                          [MMO-RPG]
[ 2010/06/11 14:25 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

SDガンダム カプセルファイター オンライン

SDガンダム カプセルファイター オンライン cfo
熱中度       ★★★☆☆
PTプレイ     ★★★☆☆  経済性   無評価
無課金プレイ ★★★☆☆  対人戦   ★★★☆☆
ジャンル     MMOSTG
課金形態     基本無料 アイテム課金
今回は基本無料のMMOSTG「SDガンダムカプセルファイターオンライン」をレビューします。ガンダム好きとしてはチェックせざるを得ないタイトルですね。あの機体を改造して乗り回したい!あの機体と戦わせてみたい!!あの名場面を体験してみたい!!!そんな夢を叶えてくれるとあってはプレイせずには居られません(笑)

基本的な流れはガチャを回してユニットを増やしつつクエストを受け、ミッションをこなしてレベル(階級?)を上げて行く。対人戦も色んなルールがあって中々遊べそうな感触だったんですが

う~ん、根本的な所で問題が・・・。このゲームはスキルを選んで右クリックで自動的に照準を合わせて攻撃するんですが、これって狙って当ててる感じがしなくて微妙なんですよね・・。エイムも一応出来るのかな?判定凄い微妙な気がするけど・・。ただ、FPS等のプレイヤースキルを必要とするゲームがあまり得意では無い方にとってはむしろプラスに働くかも知れません。プレイヤースキル依存も過ぎると一部のうまい人以外楽しめなくなりますし。

あと、「必殺技」と言う物もあり、一撃目を当てるとお互い硬直に入って格ゲーの必殺技みたいに連続技を「ガガガガガガガガッ」っと入れるんですが、これは正直要らないのでは?と思いました。個人的にはあまり爽快感も感じませんし。この辺りを見ても、比較的ライトユーザー寄りのバランス調整をしている様な気がします。
PTプレイについてはどうしたものか。ルーム制なのでPTの組みやすさはありますがフィールドが無いのでどうしても淡白な印象が否めないんですよね。

対人戦についてですが、今の所若干大味な印象です・・。ルームを作ってひたすら殺し殺されリスポーン。FPSなんかでもよくある光景ですが、緊張感が皆無なんですよね。まぁこれはレベルが上がれば新たなルールの戦闘も出来る様になるみたいですし、今後のアップデートでも多少は改善される可能性もあると思いますが。

経済性は実はよく分からないです。そもそもユーザー間でのアイテムの取引って出来るんでしょうか・・・。

あと、βテスト中なので仕方の無い事ですが、我が家の環境では結構な頻度で異常終了します。「クライアント再インストールで直った」とのアドバイスも頂きましたが、どうもダメみたいです。

追記
以前このタイトルは熱中度星2だったんですが、あれからもちょこちょことプレイしつつ、「そこまでは悪く無いかも」と思い直しまして星3に格上げです。基本的な部分は変わりませんが、そこそこお手軽にやれる所は良いですね。

※経済性 はゲーム内経済です。レア狩りをしてよい品が出たら高値で売る。等の経済活動の楽しさやアイテムの売買におけるシステム面の評価も含みます。

cfo2 cfo3 cfo4


SDガンダム CFO公式サイト

トップページへ戻る

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送 Produced by BANDAI KOREA Developed by SOFTMAX / Published by CJ Internet Japan. 当記事で利用している画像及びデータは、CJインターネットジャパンほか各権利者に帰属します。 許可なく、画像やデータの転用はできません。
[ 2010/06/06 13:52 ] FPS | TB(0) | CM(-)

Dragon Nest(ドラゴンネスト)

Dragon Nest(ドラゴンネスト)     [MMO-3DアクションRPG]
dn1
熱中度        ★★★★☆
無課金プレイ ★★★☆☆  経済性 ★★★☆☆
PTプレイ   ★★☆☆☆  対人戦 無評価 ※評価基準に関して
ジャンル MMO-アクションRPG 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・ガチ3D系本格派・正統派アクションRPG
・FPSに近い操作性でアクション性が極めて高い
・野良PTでさくさくPTプレイ可能。連携も楽しい。
・色々な意味でお金がかかっていてクオリティが高い。
・横スクロールや疑似3Dフィールドでは無く本物の3Dマップ。
特徴(短所)
・完全無課金でやるゲームでは無いと思う。
・本格的な3Dゲームなのでスペックはそこそこ必要。
・アクションゲームが苦手な方には少々つらい。
・トレード関係の制限や課金が地味にかなりうざい
・狩りにしても対人にしても強職・弱職はある。
総評
真正面から3Dで正統派アクションRPGを目指している所が特徴的。他にも同系列の3DアクションRPGは幾つかありますが、ここまで3Dにこだわった作品は多分他に無いと思います。開発・運営にも力が入っていて中々にクオリティが高いですが、反面大物タイトルだけに色々費用がかかっている為もあってか無課金では少々厳しい印象。操作性はFPSに近い物で、かなりアクション性が高いです。


詳細レビュー
今回は基本無料のMMOアクションRPG「ドラゴンネスト」をレビューします。既にこのタイプのゲームは複数レビュー記事を書いたので、それも踏まえて一旦記事を書き直すと共に個々の特徴などにも軽く触れてみたいと思います。そんな訳でまずはドラゴンネストの特徴。

やはり何と言ってもガチンコ3Dで正統派アクションRPGを目指している所が最大の特徴だと思います。こういうアラド戦記から派生した様なアクションRPGは現在かなり沢山ありますが、実質横スクロールだったり視点が固定されていたりと2Dモノに近い操作感の物が多く、ここまで本気で3Dにこだわったタイトルは珍しいと思います。

今までレビューしたこのタイプのアクションRPGにおける位置付けとしては、2Dならアラド戦記。3D横スクロールならエルソード。視点固定の3Dならハウリングソード。完全3Dならドラゴンネスト。と言った住み分けになります。それぞれ特徴を出して来ている所が面白いですね。個人的には完全2Dで本格的な物が出て来て欲しい所ですが、流石にそういう時代では無いんでしょうね・・・。

その他の部分は同系列のゲーム(アラドや最近ならエルソード、ハウリングソード等)とよく似たシステムで、クエストをこなしながらキャラ育成やレアハント、気軽に行える闘技場でのPvP等が中心。この手のシステムはサクサク感があるのが特徴で、賛否両論ありますが最近ではすっかりお馴染みの疲労度システムも健在です。

課金要素に関しては多少課金する事を前提に遊んだ方が無難で、アイテムの売買や死亡時の復活にも絡んで来ます。この辺りはかなり開発費をかけているであろう事を考えると仕方が無いのかも知れませんが、無課金で遊んでみた感触では少々厳しい所がありました。

トップページへ戻る

Published by NHN Japan Corp. Copyright EYEDENTITY GAMES Inc. All Rights Reserved. 当記事で利用している画像及びデータは、NHN Japan 株式会社及び EYA INTERACTIVE に帰属します。 許可なく、画像やデータの転用はできません。

                                     [MMO-アクションRPG]
[ 2010/06/06 07:05 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

Fantasy Earth ZERO

Fantasy Earth ZERO
fez1
熱中度    ★★★★★
無課金プレイ ★★★★★   経済性 無評価
PTプレイ   無評価    対人戦 ★★★★★ ※評価基準に関して
ジャンル 3D系ファンタジーFPS
課金形態 アイテム課金
<オフィシャルサイト>
特徴(長所)
・対人(PvP)ゲーとして最高峰クラスの出来
・無課金でもかなり普通に遊べる。高額課金とかも無い。
・他と比較してもかなり早くカンストまで行ける
・ほぼ国家戦オンリーなので廃人プレイを要求しない
・最近でも積極的に大幅なアップデートが施されている(2013年9月現在)
・きちんとしたルールに基づいた戦争。単なる殺し合いではない。
特徴(短所)
・プレイヤースキルの依存度が高い。苦手な人には辛い
・ある程度戦争のセオリーを把握しておく必要がある。
・MOB狩り等の要素はほとんど無い(ほぼ序盤のレベリングだけ)
・全体的に批判体質なユーザーが多い(特に負け戦の時)。
・無課金でやる場合は最強装備&カンストにするのが面倒臭い。
総評
対人戦に特化して開発されたゲームだけに対人ゲーとしては現状最高峰の一角だと思います。プレイヤースキルの依存度が極めて高いので好き嫌いは分かれそうですが、対人戦が好きな人には本当にたまらない物があるゲームです。FPSに近いゲーム性ですが単なる殺し合いでは無く、領域を競う過程で戦闘が起こると言った感じ。直接戦う以外にも資源確保や建築・召還等色々な要素があり他とは一味違う国家戦が楽しめます。対人好きならとりあえずやっとくべき。

火ソーサラー(火力系メイジ)、スキル振りはごく一般的な物です。

詳細レビュー
今回は国家戦特化のMMO「FantasyEarthZero」(以降FEZ)をレビューします。ジャンル的にはぎりぎりMMORPGとして扱っていますが、実質FPSにかなり近い内容。一応Mob狩りやドロップ装備集め等も有りますが、序盤以降はほぼ戦争オンリーで狩りはオマケ程度。

50人vs50人の大規模戦争!
最近はこういうルールを取り入れた物(ガンダムオンライン等)も幾つかありますが、その元祖がまさにコレ。アップデートも盛んでサービス開始直後から今まで(6年間?)続けているユーザーも多く、好きな人なら何年でも遊んでいられる程純度の高い戦争ゲームです。
fezero010.jpg

単なる殺し合いではない、ルールに則った戦争!
オベリスク(建築物)を建てるとそこが自軍の領地になり、領地の多寡によって両軍の本拠地にダメージが入る。それを壊されないように守ったり、逆に壊しに行く上で戦闘が起こる、と言った具合に、単なる殺し合いでは無くきちんと戦略的な必然性の伴った戦闘です。

建築や召喚には資源が必要で、戦闘以外にもそれを掘る人や輸送する人、召喚獣となって戦う人など、色々な事が一つのMAP上で同時進行的に行われる戦争。RTSの1ユニットになった様な感じですね。
fezero004.jpg fezero003.jpg fezero005.jpg
fezero006.jpg fezero007.jpg fezero008.jpg
※全部はむりなので、紹介してるのはごく一部です。

プレイヤースキルが物を言う対人戦
このゲームには性能的な意味での「レア装備」は無く、カンストも速い事から初心者以外はキャラ性能の差がほとんどありません。その上でプレイヤースキルで圧倒的な差が出るので対人スキーな人にはたまらん仕様。その分アクション系が苦手な人は餌になっちゃう訳ですが、技術の差がモロに出るスポーツライクな対人アクションです。

批判体質なユーザーが多い(?)
まあ多いです。これは自由参加の国家戦ゆえにある程度は「そういう仕様」なんですが、ぶっちゃけて言ってしまえば上級者が初心者の無知さや下手さを許容できなくなって来ている様な所があります。対人ゲーム慣れしてるユーザーなら一通りwikiを見る程度で大丈夫ですが、FPS未経験な完全初心者には色々キツイかも知れません。

心理的には初心者と上級者がタッグで碁を打っていると考えると判り易いでしょうか。最初は笑っていた上級者も段々イライラして来る。それを毎日続けると・・「てめぇこの野郎!」みたいな心理です。

課金あれこれ
基本課金しなくても最強装備は何とかなります。時間はかかるので集めるのが面倒臭ければ課金。気長にやれるなら無しでも、と言った具合。転職・スキル再振り系アイテムも入手出来る場面が案外多いので概ね行けます。というか自分は両方ダース単位で余ってます。

後は消費系アイテム。課金する場合装備を揃えた後はコレを定期的に買う感じ。無くてもちょっと差が付く程度ですが、そのちょっとがシビアな殺し合いをやる上では欲しくなる、みたいな絶妙な按配。無くてもランキング上位とか普通にありますが、2000円もあれば使いきれない程買えるので余裕があるなら買っても良さそう。完全無課金を貫く場合は戦争で貰えるポイントで重要な所だけやるのも良いかと。

追記
最近はチュートリアルクリア後、首都マップのクラス変更NPCに話しかけるとレベル16辺りまで自動レベルアップしてくれるらしいです。


トップページへ戻る
(c) 2005-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc.
[ 2010/06/05 02:38 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

アラド戦記

アラド戦記
arad1
熱中度       ★★★★★
PTプレイ     ★★★★☆  経済性  ★★★★☆
無課金プレイ ★★★☆☆  対人戦  ★★★☆☆ ※評価基準に関して
ジャンル 横スクロールアクションRPG
課金形態 アイテム課金
低スペック!ネットブックでもOK!!
<オフィシャルサイト>
特徴(長所)
・横スクロール系アクションとして最高レベルの出来
・PTが組み易く連携が非常が楽しい
・レア狩り(特にボス狩り)やアイテム売買がアツイ!
・完全に非クリックゲー、単純に狩りが楽しい
・比較的楽にカンスト可能(数か月程度)
・疲労度システムにより廃人化しなくても楽しめる(一日2時間程度)
・キャラメイクの幅が広く複数キャラ育てたくなる
特徴(短所)
・アクションゲームが苦手な人にはお勧め出来ない
・古いゲームなのでどうしても過疎化傾向に
・パッドが無いと操作が難しい(キーボード派の方も結構居ますが)
・運営がネクソンに移管してから少々課金志向が進んだ
・疲労度システムで休日にがっつりプレイが出来ない。
・グラフィックのセンス(特にアバター)がイマイチ
総評
この手のゲームは最近続々と出て来てますが、結局純粋なアクションゲームとしての面白さでアラドを超える物は未だに出て来ていないと思います。そういう意味で熱中度は最高の5つ星。ただ古いゲームなので人口はどうしても減って来ますし、運営が移管した事もまことにに遺憾。遺憾の意をネクソンさんにプレゼントしたいと思う今日この頃であります。まあ序盤は面白さが分かり難いかも知れませんが、ある程度キャラが育つと(数日~数週間程度)一気に面白くなります。

動画は鬼剣士系の2次職、バーサーカーの物。ソロ向きな職で操作感が個人的に一番好きなので拝借しました。

詳細レビュー
今回は基本無料のMMO横スクアクションRPG「アラド戦記」をレビューします。ステージ制の格闘ゲーム寄りな操作感で非常にアクション性が高く、このジャンルのゲームの中ではハマリ度は随一だと思います。自分も3キャラほどカンストまで育てました。

今となっては珍しい2Dグラフィックで、お世辞にも綺麗とは言えませんが、ゲームというのはグラフィックだけでは語れないなぁと思わせます。多分3Dでこれを作ってもこの面白さは出せないと思いますし…。よくアクション性を売りにしていながら実際は操作感がよくない物がありますが、これは数少ない本物の爽快アクションだと思います。コマンドを入力した時のキャラの動きやエフェクト、効果音等が絶妙で操作していてとても気持ち良いですし、PTでの連携などもうまく噛み合えば非常に楽しく普段の狩りですら面白く感じます。

また、PT募集・加入要請がシステム化されているので非常にPTが組み易いです。基本的に良い時間帯ならダンジョンの前に行けば、常に参加募集のPTがあるので加入要請を送ってすぐにPTに加入出来ます。対人要素もありますし、クエストも豊富にあり要領よくこなして行けば割とすぐにカンスト出来るのもこのゲームの特徴です。キャラクター毎に個性があり、操作する事自体が楽しいゲームなのでカンストしてもまた別の職を育てたくなる魅力があります。

経済性についても、レア狩り要素は多分にあるので、レアハント好きな方も満足出来ると思います。アイテムの売却は競売・露店の2種類あり、競売は無課金でもOKです。課金アバターは競売や露店でゲーム内通貨で買えますが、売却には制限が付くので購入の際には慎重に。基本的には競売のみでさほど不便も無いと思います。

無課金プレイについては以前はかなりやれましたが、運営がネクソンに移管した事もあり最近はちょっと厳しいかも知れません。元々はお金をかけ出せばキリが無く、かけないスタイルでも十分楽しめる良バランスでしたが年々厳しくなって来てる様な印象を受けます。まあそれでも大半の課金アイテムはゲーム内通貨でトレード可能なのでやり方次第では結構何とかなりますが、完全無課金はちょっと厳しいかと。

他にはあまり無い特徴としては疲労度システムと言う物があります。これはキャラクター毎に疲労度と言う物が設定されており、ダンジョンに入る度にそれを消費して疲労度を使い果たすとダンジョンに入る事が出来なくなる。と言う物です。廃人化防止の措置との事ですが、疲労度を使い果たしてもやる事はありますし、そもそも使い果たすまでに最短でも2・3時間はかかる為あまり効果は無いのではと個人的には思います。確実に廃なプレイヤーは複数キャラ育ててますし。

トップページへ戻る

当記事で利用している画像及びデータは、NHN Japan 株式会社及に帰属します。 許可なく、画像やデータの転用はできません。
[ 2010/06/05 00:48 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)
絞り込み
最近のレビュー記事
モンハン メゼポルタ開拓記
ハンターヒーロー
MIRROR WAR(ミラーウォー)
MazeMyth(メイズミス)
HOUNDS
戦国闘檄
感染少女
大航海時代Ⅴ
リング☆ドリーム
KRITIKA(クリティカ)
ショットオンライン
創星紀アステルゲート
千年勇者
TERA
ドラクエ モンスターパレード
ArcheAge(アーキエイジ)
Boundra(バンドラ)
Dragon's Prophet
・ぎごしょくマスター
RaiderZ 
・ワンダーキング2 
CARTE(カルテ)
デーモンハンティング
機動戦士ガンダムオンライン
ファイターズクラブ
クリスタルコンクエスト
ディヴァイン・グリモワール
まどか☆マギカオンライン
ファンタシースターオンライン2
・海の覇者 
剣と魔法のログレス
・森羅万象フロンティア
晴空物語
エースオンライン
・ユグドラシル
ウィザードリィオンライン
・フォーセイクンワールド
・ブレイドオブドラゴン
C9
ブレイブソングオンライン
Finding Neverland Online
・ナイツオブキングダム
・KAROS ONLINE
・くろネコONLINE
アスタリア(ASTARIA)
・カーンウォーズ
エルソード
ヘルゲート
モンスターハンターフロンティア
ドフス(Dofus)
ソウルアライブオンライン
戦国IXA(イクサ)
マビノギ
エターナルシティ2
・Rolo
・アークサイン
エンジェル戦記
GODIUS(ガディウス)
America's Army3
テイルズウィーバー
競馬伝説Live!
・81Keys
パチンコDX
RED STONE
・SDガンダムCFO
Dragon Nest
・IRIS ONLINE
Fantasy Earth ZERO
アラド戦記