MMO全般を扱うオンラインゲーム総合レビューサイトです。
無課金プレイヤーの視点に立ったレビュー項目がある所が特徴で、レビュー意外にもMMOに関連する物なら何でも扱います。

War Thunder [MMO-空戦&陸戦アクション]レビュー記事

War Thunder    [MMO-空戦&陸戦アクション/レビュー記事]

hounds 熱中度
無課金プレイ  ★★★★★  経済性 無評価
PTプレイ   ★★★★☆  対人戦 ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-FPS TPS 空戦&陸戦アクション 対応OS Windows MAC 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・超ハイクオリティなド迫力の戦争ゲー!
・グラフィックが美しいだけでなく、システムも秀逸(特に戦車)
・無課金にものすごく優しい!!
・実在の戦闘機・戦車が詳細なディティールで総計700種超!
・世界中で展開されていてユーザー数がめちゃくちゃ多い
特徴(短所)
・出来れば設定を落とさずに遊びたいゲーム
・外国人が多い(定型分で意思疎通可、日本語化はされている
・フレンドリーファイア(同士討ち)あり
・戦闘機(難しい方の操縦モード)はかなり難しい
・コミュニティ性が弱い(野良PT主体になりやすい)
総評
傑作。率直に言って神ゲーだと思う。

全方位に超ハイクオリティかつ課金が良心的、ユーザーも多いという、オンラインゲーム黎明期を彷彿とさせるようなゲーム。
「おそロシア!」と言わざるを得ない。

航空機や戦車も「これでもか!」というくらい豊富かつ詳細なディティールで登場し(700種超)、マニアはもちろん、それほど詳しくない人でも迫力や機種ごとの操作感の違いを楽しめるはずだ。

後は高難易度なレアハント的要素があればハマり度&仲間を集める動機としては完璧なのだが、このゲームの場合はコツコツやれば着実に機体を増やせる反面、そういうギャンブル的要素は無い。

動画はタンク戦。一番簡単な操作モードなので敵が見えたり、当たるかどうか事前に判る様になっているが、これより上はそういう甘えた機能は無くなり、戦術もより複雑になって行く。

詳細レビュー
今回はロシア発のウォーゲーム「War Thunder」をレビュー。

元々はロシア語と英語のタイトルだったが有志による翻訳で現在は多言語対応。日本語も(ボイス含む)もちろん入っている。

サーバーが各国にあり、全サーバーを横断する形でマッチング可能なのでユーザー数がとにかく物凄く多い。

空軍(戦闘機による空戦)
動画は「難しい方の操縦モード」の離着陸チュートリアル。

①エンジンをかける
②アクセルを空ける
③倒れないようにバランスを取りながら加速
④離陸
⑤ランディングギア(タイヤ)をしまう

と、ただ離陸するだけでこれだけの手順が必要というマニアックさ。余談だが動画は何度も大破した為、数回撮り直している。

なお、ライトユーザーにいきなりこんなのを要求すると確実に剥げるので、マウス一本で簡単に操縦出来るモードも用意されている。
War_Thunderss242212454.jpg War_Thunderss24221222.jpg War_Thunderss2422121234538.jpg War_Thunderss24221234545.jpg
が、難しいモードでしか参加できないコンテンツもあるので、ライトな戦闘に飽きたらディープな方へシフトする感じだろうか。

陸戦(戦車によるタンクバトル!)
陸戦はタンク(戦車)に乗って戦う占領戦。

上の方に張ってある動画を見ると判るが、「遅い!」「小回りきかない!」「溝にハマると味方に牽引してもらう必要が・・」と、まるで亀のごとき乗物だが、実際運転してみるとそれが全然マイナスにならない。むしろ「FPSに速さはいらんかったんや!」と言いたくなる。

目新しい点としてはダメージ判定が結構特殊で、単純に「弾が当たればダメージ」ではなく、戦車ごとに構造が異なっていて、覗き穴など装甲の薄い部分を貫通して、搭乗者や重要な部位にダメージを与えたかどうかが重要(中の人が気を失えば大破と同じ)。

warthunderss0303270407032108.jpgWarThunderss549.jpg

空戦タイトルは結構あるが戦車は極めて珍しく、それも「恐らく2度と出てこないだろう」と思える程のクオリティなので、戦争系の世界観が苦手でなければ一度は試してみる価値のあるゲームだと思う。

課金あれこれ。
課金に関してはハッキリ言ってかなり良心的。

基本的に「ミッションに参加した報酬で新型の機体をどんどん開発していく系」なので課金はそれを促進させる為のブースター的な意味合いが強い。あるいは序盤・中盤の中継ぎ的存在。

正直「このクオリティでこんなに緩くして大丈夫か?」と心配になるレベルだが、ユーザーの年齢層が高そうなので「時間を使うぐらいなら金で解決したい」というニーズが多いのかも知れない。

トップページへ戻る

[War Thunder/空戦&陸戦アクション/レビュー記事]
[ 2017/04/06 02:03 ] FPS | TB(0) | CM(-)

コズミックブレイク2 レビュー記事

コズミックブレイク2 [3D-ロボットバトルFPS(TPS)/レビュー記事]

oshiroproject 熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性  無評価
PTプレイ    ★★★☆☆ 対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル クライアント型/3D/ロボットバトルSTG(FPS) 課金形態 アイテム課金 課金通貨 Rt(1Rt=10円) <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・多すぎない、中規模対人バトル!(10対10)
・敷居が低めで初心者にも入りやすいタイプ
・ロボのカスタマイズや育成(成長)要素あり。
・基本ロボだがメイン級は何故か美少女系。
特徴(短所)
・グラフィックは数世代前のゲームっぽい。
・グラの割にクライアントが妙に重い。
・連戦をやると結構な頻度でバグる(再起すれば直るが・・)。
・基本的にひたすら対人戦をやるゲーム!
総評
内容的にはほぼ「対人戦のみ」でストーリーのような物もほとんど無く、ひたすら戦ってユニットを入手したり鍛えたりするタイプ。

他と比較して「ここが凄い!」というような尖った部分は無いが、肩の力を抜いて気楽にやれる敷居の低はあった。ロボ対人ゲーだけにガンダムオンラインのスケールダウン版といった雰囲気。

FPSは古くなると色々キツくなる為、「新しさ」を求めてとりあえず腰掛け的に遊んでいる様なユーザが多いんじゃないかと思う。



詳細レビュー
今回は2015年4月30日より正式サービスを開始したロボットバトルFPS(TPS)「コズミックブレイク2」をレビュー。

気軽に遊べる中規模PVP!
対人戦がメインのゲームは概ね敷居が高く、初心者が気軽に始めるには色々としんどい状況にある事が多いが、この「コズミックブレイク2」は比較的ライトでそういった敷居はだいぶん低い。


特に「射撃」や「格闘」はある程度補正が効くため、操作技術に自信がなくてもそれなりに当たる。フィールド上に落ちているアイテム類も中々強力で、パーティーゲーム的な「大雑把さ」に魅力がある。

成長要素あり!!
やはり特徴的なのは「レベル制」だろう。これは性能差が発生するため一長一短ではあるが、ただ戦うだけよりモチベーションは上がる。低確率ながら装備やユニットのドロップもある様だ。

一応レベル差に関してはシステム的に配慮があるらしく、特に序盤は進行の近いユーザー同士をマッチングしている気配がある。

ルールについて
基本的に「自軍タワーを守りつつ、敵タワーを破壊」だが、このゲームの場合タワー破壊ボーナスが低めで、下の動画のように1本多く折られている状況でも「普通に勝てちゃう」といった事はある。


「それってどうなのよ!?」と思わなくもないが、ともかくキルさえ沢山取れていれば意外と何とかなるバランスとなっている。

課金あれこれ
現状無課金でもわりと普通にやれている。が、このタイプは結構「直接的にキャラ性能を売る」という面があるので、煮詰まると「ゲーム内の全員がベテランかつ課金戦士!」という未来はありそうだ。

FPSはどんどん新しい物に移っていく様なユーザーも多く、新しいタイトルをやる度に見かける、「顔なじみ」もちらほら散見された。


トップページへ戻る

[コズミックブレイク2/3D-ロボットバトルFPS(TPS)/レビュー記事]
[ 2015/05/09 04:23 ] FPS | TB(0) | CM(-)

HOUNDS レビュー記事

HOUNDS    [MMO-RPS(RPG&TPS)/レビュー記事]

hounds 熱中度
無課金プレイ  ★★★★☆  経済性 無評価
PTプレイ   ★★★★☆  対人戦 ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-RPS(RPG&TPS) 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・新ジャンル、ロールプレイングシューティング!
・力を入れてるタイトルらしくクオリティは相当高い。
・プレイヤースキル重視なアクション。
・映画的な臨場感が素晴らしい。
特徴(短所)
・低頻度ながら環境によってはキャラ作成不能な不具合が。
・中盤辺りから難易度が高く、攻略参照がほぼ必須
・それなりに高スペックなマシンを要求する。
・技術的な物も含めてプレイマナーの要求が高め。
総評
家庭用機並にクオリティが高い。ベースシステムが軍事系FPSの作品でここまで対モンスター戦に力を入れた物は滅多に無い。

操作技術の重要度が極めて高く、装備の性能で押し切れる類のアクションとは違う。腕に覚えのあるゲーマーが熱中する一方で「雑魚は来るンじゃねえ!」という閉鎖的な空気も漂っている。

夏休みなので新規も多く、なおかつ9月(2014年)には大幅な追加が予定されているので始めるにはちょうど良い時期と思う。

チュートリアルのプレイ風景。

詳細レビュー
TPSとRPGを融合させたという新ジャンル「HOUNDS」をレビュー。

臨場感がスゴイ!
動画を見ると解りやすいと思いますが、映画のワンシーンに没入したかの様な臨場感。ハードな雰囲気は抜群に良い。

動画はチュートリアルなので「色々盛ってるんじゃないの?」と思われそうですが、この後もムービーが少ない程度でこの質がずっと続く。ただし負荷も高くてPCからは熱風が吹き荒れる。
houndss0212.jpg

やり応えのあるアクション。
「ノーマル」と「チャレンジ」2種類の難易度があって、チャレンジに関してはクランの熟練者ですら全滅しかねないほど。見つけた敵を適当に殴ってればクリア出来るゲームとは根本的に違う。

これは「質の高いステージを難しく作って何度も遊んでもらおう」という思惑もあると思うが、良い具合に歴戦のゲーマーが本気で取り組める内容になっていてクリア出来たときの達成感がとても良い。

新ジャンル?
「ロールプレイングシューティング」と言われても具体的なイメージが沸かないですが、「ガチな軍事系FPSだけどきっちり世界観を作って対モンスター戦をやるぞ!」といったコンセプト。


現時点ではレベルや階級によるキャラ性能の差はほとんど無く、装備やそれに伴うスキルで個性を出していくタイプ。ただし9月の大規模アップデートでこの辺りにかなり大幅な追加があるらしい。

課金あれこれ。
廃プレイ可能なら無課金は非常にやり易い。普通にダンジョンで装備を揃えて行っても良いが、課金ユーザーが市場にGボックス(ガチャ)を流しているのでそれを入手すれば簡単にユニークを揃えられる。

アイテム欄はちょっとキツいが、自分は新規アカにクレカを登録するとポイントが貰えるキャンペーンを利用してそこだけ拡張した。

課金ユーザー的にはガチャレア以上がダンジョンで出ない所に少し問題を感じる。例えば「重課金で凄い装備を整えたぞ!」という場合、「アレッ、これもうダンジョン潜る意味なくね?」となりそう。

※2014/9/9 のUPでGボックスの取引は不可になった模様)

表示がおかしくなる現象について。
報告が少なく環境にもよるらしいが、メニュー等の表示がおかしくなる不具合が人によっては出る模様。これはチュートリアル後キャラメイクすら出来ずに詰む、というなかなか致命的な不具合。

自分の場合はエラーチェックではダメで、再インストールすると改善した。最初のインストールの時にDirectx11が入っていたので9、0Cをキャンセルしたが、これが原因だったのかも知れない。


トップページへ戻る

[HOUNDS/MMO-RPS(RPG&TPS)/レビュー記事]
[ 2014/08/11 19:24 ] FPS | TB(0) | CM(-)

機動戦士ガンダムオンライン

機動戦士ガンダムオンライン[MMO-FPS系/対人アクション]

ガンダムオンライン 熱中度
無課金プレイ  ★★★☆☆  経済性 無評価
PTプレイ    ★★★★☆  対人戦  ★★★★☆ ※評価基準に関して
ジャンル MMO-FPS系/対人アクション 課金形態 アイテム課金 <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・一年戦争の世界で51対51の大規模RvR(国家戦)!!
・陣営毎にひとり指揮官枠があってRTS的に全軍の指揮!
・プレイヤー人口がとても多い(鯖毎に1万人とか)
・ノウハウの蓄積もあってかアクションの出来がよろしい。
特徴(短所)
・環境によってはクライアントが起動すらしない不具合が・・。
・連邦側のMS性能が高すぎる気が・・(※修正入りました)
・だぶついてる陣営は戦争の順番待ちが長い(千人超待ちとか)
・要求スペック若干高め(一昔前のミドルクラスGPU程度?)
総評
これが無料で遊べるとは。自分は年末から年始にかけてひたすらやってました。ガンダム好きならとりあえず遊んでおいて損なし。さほどガンダムに思い入れが無くても普通に大規模対人ゲーとして楽しめるクオリティだと思います。あと個人的にはこういう原作有りのゲームは新しいシステムを模索したりしないイメージを持ってましたが、そっちも良い意味で裏切られました。率直に言って良作だと思います。

公式PV。戦争の動画も一応撮ったのでよかったらどうぞ。

詳細レビュー
今回はバンダイナムコの対人ゲー「機動戦士ガンダムオンライン」をレビューします。ガンダム系のオンラインゲームと言えば個人的には「SDガンダムCFO」なんかを連想しますが、あれと比較すると格段に本格的な内容で、どちらかと言えばPS2の「機動戦士ガンダム 連邦VSジオン」とかをオンラインゲーム化した様な感触です。

特筆すべき点としてはやはり「指揮官システム」。ガンダムオンラインは1陣営に一人指揮官枠があって全軍(51人)をRTSみたいな画面で指揮するシステムを採っているのですが、これはマジで凄い!普通この手の対人ゲーはルール的な戦略性は高くても指揮系統が存在しない為、団体戦として見ると中々戦略的に動けないものですが、そういう意味で明らかに一歩進んだ新対人システムだと思います。

指揮の内容もチャットでどうこうでは無く、リアルタイムで指揮官専用画面のマップ上をドラッグして味方をまとめて選択。「ここを攻撃」とか「ここを死守」と言った具合に任務を与えるきちんとシステムに組み込まれた指揮。「ここにミノフスキー粒子を散布!」とか「ここに索敵レーダーを設置」みたいな感じで 味方を援護したり。その他やれる事がすごく多い。本物の人間を使ったある意味究極のRTSかも知れません。

アクションもロックオンすれば誘導で玉が当たる様な「なんちゃってアクション」では無く、FPSライクな操作できちんと相手の動く先を予測して狙って当てる本格派。家庭用機を含めてこの手のアクションゲームを沢山作っているだけにノウハウの蓄積を感じさせる内容です。

課金要素は大まかに分けると「機体の入手性」と「機体のカスタム効率」があり、機体の入手性は一部ですが有料ガチャでしか入手出来ない機体(今の所は極端に高性能とかは無い)がある点。一応ゲーム内通貨で回せるガチャ景品に「有料ガチャ券」があるので、戦争をこなしつつそっちで粘る線もありますが、基本的には「一部の有料ガチャ機体が欲しい場合は課金してね」って事なんだろうと思います。

カスタム効率は「機体性能の上限」と言い換えたほうがシックリ来るかも知れません。さすがに戦争ゲーなので同じ土俵で戦えなくなる程の極端な差は付きませんが、「ちょっと有利」ぐらいの差はあります。個人的にはFPS慣れしてる人なら問題に感じない程度だとは思いますが、まあ一年戦争と聞いてコーフンする層はもう普通にオッサンだと思うので、無課金にこだわる人はそう多くないかも知れませんね。

環境によってはクライアントが起動しない不具合については、ぶっちゃけ「コレ致命的だろ!」って話ですが。案の定自分もコレに遭遇してえらい苦労しました。というか何をやっても改善されず、最終的には別のPC(設定落とせば何とか遊べる)を用意してプレイする破目に・・。その関係でたぶん今回自前の動画はやらないと思います。

最後に、 プレミアムパッケージを買うとアイテムコード(限定機体が目玉)とガンダムオンライン専用ザクコントローラー(USB左手用デバイス的な物)が付いて来るらしいです。まあ特典目当てかお布施で買うならアリですが、5000円は正直ちょっとお高いですね。

追記 その後クライアントが起動しない不具合は自分の場合ファイアウォールが邪魔をしていた事が判明!自分は「PC Tools」というFWを使っているのですが、単に無効化するだけではダメで完全にプロセスを終了させれば起動出来ました。色々な要因で起こる不具合らしいので参考になるかは謎ですが、たいていアンチウイルス・FW・UAC辺りが原因らしい。何やってもダメで最後にビデオカードのドライバのバージョン下げたら動いた!みたいな話もあるのがアレですが・・。


トップページへ戻る

機動戦士ガンダムオンライン [MMO-FPS系/対人アクション]
[ 2013/01/07 01:59 ] FPS | TB(0) | CM(-)

モンスターハンター フロンティア

モンスターハンター フロンティア
dofus
熱中度    ★★★★☆
無課金プレイ ☆☆☆☆☆  経済性 ★★☆☆☆
PTプレイ   ★★★★☆ 対人戦 無評価 ※評価基準に関して
ジャンル 3D系ハンティングアクション(MMORPG?) 課金形態 月額課金(月1400円程度)+ アイテム課金  (無課金プレイはHR2まで可能) <オフィシャルページ>
特徴(長所)
・グラフィックが背景や配置を含めてかなりハイレベル
・FPSライクな操作感でアクション性が極めて高い
・キャラの動きが秀逸で良い意味で重量感を感じさせる出来
・狩りそのものが楽しいので下積み的な作業感を感じない
・生産系も個々に自分の装備を作る感じなのであまりマゾくない
・キャラ性能はほとんど上がらず装備で強くなるタイプ
・PTで狩りをしたり素材を集めるのが楽しい
特徴(短所)
・HR2制限があるので長期の無課金プレイは絶望的
・アクション要素がかなり高いので苦手な人には向かない
・ユーザー間のアイテムトレード的な要素がかなり薄い
・操作性が独特で慣れが必要(家庭用機でも出ている為か)
・ハイブリッド課金(月1400円+アイテム課金)
総評
FPSのアクション性とMMORPGの製作系をミックスした様な内容です。良い意味で家庭用機ライクなバランスで無駄にマゾかったり作業的な所が少なく、アクションとしてのツボもバッチリ押さえてあるので単純に狩りをするのが楽しい。キャラ性能はレベルでは変化せず装備による上昇がメインです。こういうオンラインゲームがもっと増えてくれると良いなと素直に思いました。ただし無課金では体験版的な要素が強く、課金要素も月額+アイテム課金と少々お高い。まあアイテム課金の方はさすがになくても楽しめる範囲らしいですが、個人的には月額課金のみにして欲しかったです。後は装備品をアイテム課金にからませるのは生産系を弱くするので良くないと思いました。

今回は字幕に挑戦してみました。ムービーメーカーを使用したんですがどうも再エンコードされて画質に悪影響が出てる感じです。少し前に撮った 大剣を使っている動画 もあるので興味があればどうぞ。個人的には大剣の方が重量感があって好きです。

詳細レビュー
今回はカプコンのハンティングオンラインゲーム「モンスターハンターフロンティア」をレビューします。プレイ動画やゲーム内容は結構見聞きして知っていましたが、実際にプレイしたのは今回が初めてです。何で今MHFかと言いますと、最近Wiiの「斬撃のREGINLEIV」をやってたら何だか無性にモンハンがやりたくなりまして…。サービス開始から結構経っているのでプレイヤー数なんかが心配でしたが、意外に人が多くてビックリしました。PCでモンハンだとコレ一択だからでしょうか。何気に最近大規模アップデートが来たらしいです。

特筆すべき点としてまずキャラクターの動きです。高速で走り回ったり必殺技を連発する様なゲームとは根本的に違い、鈍重な動作で走り回ったり大振りの斬撃を前方に放つだけの一見派手さに欠ける物ですが、その実敵を斬ったら強烈に手応えを感じますし、うまく見切って紙一重で回避出来たら非常に気持ち良いです。モンスターの動きもよく見ると攻撃の予備動作があって上手くやれば回避出来る様になっていますし、さすがは昔からアクションゲームばかり作ってた会社なだけはあるなと思いました。アクションのツボを心得てます。

グラフィック関係もかなりハイレベルで、元々あまりグラフィックには頓着しない自分も先に述べたキャラの動きの良さや配置の工夫も相まってこれには少し心を動かされました。要求スペックはさほど高く無いですが、その割にテクスチャが実写に近くて良い具合に臨場感が出ており、うまくゲームの雰囲気を作っていると思います、

基本システムはFPS寄りの操作感でステージ制のMOライクな感じです。動画の様にクエストを受けて1人~4人でPTを組み、任務をこなして素材を集めたら装備を作ってまた狩りへ、を繰り返します。一般的なMMORPGのクエストとはちょっと違い、「クエストを受ける=ステージを選ぶ」と言った感覚です。成長要素に関しては基本的にキャラ性能は上がらず、装備によって強くなるタイプです。賛否両論あるかも知れませんが単調なレベル上げを要求されないのが個人的には気に入ってます。かと言ってFPSの様な味気なさも無く、素材集めや製作関連で思う存分RPG的な要素も味わえます。

元々家庭用機用のゲームを作っている会社ですし、これも家庭用機で遊ぶ層をメインターゲットにしているので変にマゾい所が無く、普段の狩りそのものを楽しませる造りが個人的にはかなり好感触です。

PTプレイはこのゲームのメインコンテンツに当たる物なので結構力を入れて作られている印象です。ゆえにソロでも一応遊べますが、このゲームの本領を発揮するのはやはりPTプレイだと思います。武器によっては仲間に迷惑をかけてしまう事もあるので立ち回りには注意が必要ですが。皆で協力してでかいモンスターをガツンガツン殴るのが楽しいです。

無課金プレイに関してはHR上限2(受けられるクエストの制限)があるので絶望的です。まあ狩り自体が楽しいゲームなので割り切って数日間フリーゲーム的な感覚で遊べばそれはそれで楽しいですが、全体の数%しか遊べない事を考えると評価は出来ません。また月1400円と比較的高めな月額にも関わらずアイテム課金まで導入しているので、正直この部分はあまり好感を持てません。一応月額のみの課金で十分らしいですが、特に装備品関連をアイテム課金で出すのは狩りと製作が車の両輪として機能しているゲームだけに直接的に面白さを損なうリスクがあると思います。

経済性についてはユーザー間のトレードや売買的な要素が薄い為この評価です。その代わり製作や素材集めのバランスが緩和されて一般的なMMORPGの様なマゾさにはなっていないので、これはこれで良いと思います。

実はその後Wii版のMH3が安かったので衝動買いしてしまいました。ただ、やはりハード性能的に厳しい様でグラフィックがかなり落ちますし、操作性もPC版の方が格段に良かったです。あちらは基本料金の安さとアイテム課金が無い所が魅力ですが・・・。


トップページへ戻る

Copyright (c)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.Copyright (c)モンスターハンターフロンティアオンライン
[ 2010/11/11 00:57 ] MMORPG | TB(0) | CM(-)

America's Army3

America's Army3
aao1
熱中度    ★★★★☆
PTプレイ   ★★★★☆ 経済性  無評価
無課金プレイ ★★★★★ 対人戦  ★★★★☆
ジャンル   FPS
課金形態   完全無料(米国国民の皆さんによる納税)
<オフィシャルページ>
特徴(長所)
・製作費が国庫から出ている為完成度が凄まじい
・実際の戦闘に則した独自システムの数々
・個人プレイよりチームプレイを重視したシステム
・ハイレベルな3Dグラフィック&リアルな挙動
・完全無料なので課金による差が存在しない

特徴(短所)
・日本からのアクセスではラグの問題が厳しい
・基本的に全て英語なので色々と面倒な所は否定できない
・待ち伏せやスナイパー有利なバランスなので初心者に厳しい
・軍事訓練シミュレータ部分をクリアしないとマルチプレイ不可
・使用兵器が全て味方にも有効なので下手な事は出来ない

総評
完成度は素晴らしいの一言!しかも完全無料なので全てのプレイヤーが同じ土俵で戦えます。ただ言語の問題やサーバの距離的な問題で国内からのアクセスでは不利感は否めず、どちらかと言うとスナイパー(待ち戦略)が有効なゲームバランスも相まって全体的に玄人向きな印象です。アジア圏(台湾や韓国)のサーバならラグ軽微。


詳細レビュー
今回はFPS「America's Army3」をレビューします。実は自分が初めてプレイしたFPSだったりします。かなり前からあるゲームで、当時は米軍が広報予算700万ドルを投入して作った異色のゲームとして一部では結構話題になっていました。現在でも大幅なアップデートが行われており、世界中のプレイヤーが遊んでいる超大物タイトルです。自分がよくプレイしていた時期からは結構時間が経過しているので、久々にやってみたら想像以上に進化していてかなり驚きました。まるで別のゲームを見ている様です。

このゲームの特徴は、何と言っても完全無料で異様にハイクオリティな所にあります。元々は新兵不足に悩む米軍の広報がPR用に作った物ですし。グラフィックなんかもサービス開始からかなりの年月が経過している現在でも遜色無いどころか、度重なるアップデートにより他に類を見ない程ハイレベルです。キャラの動きひとつ取って見ても極めてリアルで、好きな人にはたまらない物があると思います。

ゲーム性としては、さすがに軍製作なだけあって全体的に個では無くチームとしての動きを評価されるシステムが特徴的です。また基本的なFPS要素の他に軍事訓練シミュレータ的な要素があり、例えばFPSの部分で衛生兵を使いたければ、衛生兵用のプログラムをこなして試験にパスする必要がある訳です。昔はスナイパー試験が結構な難易度で苦労した覚えがありますね・・・。また、基本的に死んでも即復活!なんて事は無く、そのゲームの決着が付くまで観戦モードになります。早々に突っ込んで爆死したら結構待つ事になりますが、これがなかなか緊張感生んでいて良いと思います。

PTプレイについてはライフルや手榴弾等、全ての武器や爆風が味方にも普通に命中するので連携は極めて重要です。慣れていないと適当に手榴弾を投げたら味方が密集している所で炸裂!なんて事が普通にあります(当たり前ですが物凄く怒られます)この辺りもさすが軍の作ったゲーム!全体的に非常にリアルで硬派な印象です。最近はボイスチャットなども標準装備された様で、プレイ中によく外人さんの話し声が聞こえて来ます。ネイティブな人々と気軽に会話出来る空間なので、英語の勉強にも良いかも知れません。

ただ、ゲームのDLからゲーム内の会話、訓練の内容に至るまで全て英語なので、自分の様に英語が苦手なプレイヤーには結構敷居が高い所が難点です。FPS部分はまだ何とかなりますが、訓練部分は結構厳しいです。検索すれば必須な部分は日本語訳して解説してくれているサイトがあったりするので自分はそっちで何とか凌ぎました。

それ以外のマイナス要素としては、第一にマルチプレイのサーバが海外にあるのでラグの問題があります。昔は有志で国内サーバを開設している方々も居られた様ですが・・・。今繋ぐなら韓国や台湾辺りのサーバでないとかなり不利になると思います。

次に他と比較してもやり込んでいるプレイヤーの有利がかなり大きく、MAP構造や戦術を把握するまでが結構辛いです。元々待ち伏せやスナイパーが有利なゲームバランスですし、マップ構造も複雑な物が多いのである程度仕方がないとは思いますが、やはりこの辺りも初心者には敷居が高い所があると言うのが率直な感想です。

トップページへ戻る

COPYRIGHT (C) America's Army 2004
[ 2010/06/25 00:59 ] FPS | TB(0) | CM(-)
絞り込み
最近のレビュー記事
クリプトアイランド
ちょっと世界救ってくるわ
月が導く異世界道中
戦国の神刃姫X
War Thunder
編隊少女
ファーヴニルの宝珠
超銀河船団∞ INFINITY
のすたるじっくガールズ
「乖離性」ミリオンアーサー
シャドウバース
セブンスダーク
アーケインハーツ
野球つく!!bySEGA
デビルズサードオンライン
星界神話 ASTRAL TALE
ブレスオブファイア6
ロードス島戦記オンライン
Path of Exile (PoE)
ヘクサウォーズ
ドラゴニックエイジ
エターナルシティ3
ヴェルストライズ
モンスターハンター フロンティアG
魔戦カルヴァ
100万人のウィニングポストSP
黒い砂漠(BLACKDESERT)
コズミックブレイク2
Blade&Soul(ブレイド&ソウル)
・Weapons of Mythology
御城プロジェクト
・QuestNotes
モンハン メゼポルタ開拓記
ハンターヒーロー
MIRROR WAR(ミラーウォー)
MazeMyth(メイズミス)
HOUNDS
戦国闘檄
感染少女
大航海時代Ⅴ
リング☆ドリーム
KRITIKA(クリティカ)
ショットオンライン
千年勇者
TERA
ドラクエ モンスターパレード
ArcheAge(アーキエイジ)
機動戦士ガンダムオンライン
ディヴァイン・グリモワール
ファンタシースターオンライン2
・海の覇者 
剣と魔法のログレス
・森羅万象フロンティア
C9
エルソード
モンスターハンターフロンティア
戦国IXA(イクサ)
マビノギ
・Rolo
エンジェル戦記
GODIUS(ガディウス)
America's Army3
テイルズウィーバー
競馬伝説Live!
パチンコDX
RED STONE
Dragon Nest
Fantasy Earth ZERO
アラド戦記